サッカーまとめラボ

毎日10記事更新中|サッカー関連国内外問わず|最新情報公開| 詳しくはブログ サッカーまとめラボへお越しください。|

J1


三木谷会長の考えには賛同です。ブーイングは相手に対する敬意を欠いている行為だと感じます。サポーターもぜひリスペクトを持って応援していただきたいですね。

1 ネギうどん ★ :2024/03/19(火) 11:04:01.70 ID:msefsfyI9
 J1神戸の三木谷浩史会長(59)が19日までに、自身のX(旧ツイッター)を更新。「ブーイング」をめぐり、自身の思い、サポータへ提案をした。
 18日の深夜に突如、「神戸のサポーターへ提案があります」と投稿した三木谷氏。その後、「みんなどう思ってるか。知らないけど、Vissel Kobeではブーインやめない。相手も必死、うちも必死。その中で相手に対するリスペクトも、大切だと思う。そんな甘い夢を僕は見ています」とブーイングに対する自身の思いをつづった。

 別の投稿でも「つねにあいてにたいするリスペクトを忘れず、味方を鼓舞する。神戸はそういう事ができる可能性があるクラブだと思っています。国際的に様々なものを受け入れ、日本を代表するクラブになり、日本の新しい象徴となりましょう。ブーイングはカッコ悪い」と持論を展開した。

 「なんでバルセロナに言わなかったんですか?」という質問にも「バルサはうちのチームでもないし。相手チームにブーイング送るより、その分自軍にポジディブなエネルギーを与えたほうが良いと思うよ。言うヘべきことは言えば良い。やりたければやれば良い。でも、神戸は特別なチーム。誇り高きチーム、サポーターであってほしい思っています」ときっぱり。

 「『神戸はそういう事ができる可能性があるクラブだと思っています。』っていうのは裏返すとバルセロナとかではブーイングを禁止することができないってことでしょ。神戸の人達ならできる!っていう意味が入ってるのでは?」という問いかけにも三木谷氏は「そんな強制は無理だろ。サポーターがやりたいならやれば良い。でも、僕も言いたいことは言わせてもらう。それで良いのでは?」と譲らなかった。

 三木谷氏の一連の投稿には「不必要なブーイングってあると思います。例えば、過去に所属していた選手がボールを持った時のブーイング。そういうのはいらないなって思います。審判の判定に不満がある時や相手選手が自分のチームの選手に怪我を負わせた直後のブーイングは危ないと伝えるためにもブーイングはありだと思います」「サポーターライト層としては急にブーイングが始まると少し怖かったりもします...!」「個人的にブーイングもエンタメの一つ。ホーム&アウェーの利点にもなるのであっていいかなと思う。ただし相手チームへのリスペクトは大事。ヤジとかはいらないかもなぁ」など、様々な意見が寄せられ、議論はさらに過熱しそうだ。

 三木谷会長は3月上旬にもMF汰木の負傷をめぐり、Xで判定に憤怒。投稿が話題を集めていた。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2024/03/19/kiji/20240319s00002179143000c.html

【【サッカー】J1神戸・三木谷会長、サポーターに「ブーイングはカッコ悪い」と提案】の続きを読む


この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 川崎颯太 川﨑 颯太(かわさき そうた、2001年7月30日 - )は、山梨県甲府市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・京都サンガF.C.所属。ポジションはミッドフィールダー(MF)。日本代表。 小学校4年生の時、ヴァンフォーレ甲府のアカデミーに入…
8キロバイト (859 語) - 2023年11月22日 (水) 11:55
川崎選手の寄贈は本当にありがたいですね!サッカーが大好きな子供たちにとって、ボールは宝物です。
野球だけでなく、サッカーも楽しめる環境が整えられることを願っています!J1京都サンガFCの選手のお人柄がうかがえますね。応援しています!

1 Egg ★ :2024/01/04(木) 22:31:42.88 ID:nwcmi+RM9
「野球だけじゃなくサッカーもやろうぜ!」 J1京都サンガFCの川崎颯太選手がボールを寄贈

メジャーリーガー大谷翔平選手の小学校へのグローブの寄付が話題となりましたが、甲府市の小学校には市内出身のJリーガー川崎颯太選手からサッカーボールも贈られる事になりました。

【写真を見る】「野球だけじゃなくサッカーもやろうぜ!」 J1京都サンガFCの川崎颯太選手がボールを寄贈

(出典 newsdig.ismcdn.jp)



(出典 newsdig.ismcdn.jp)


甲府市出身でJ1京都サンガFCキャプテンの川崎颯太選手は、県内出身者では中田英寿さん以来となる日本代表に去年選ばれました。

きょう4日には川崎選手が甲府市役所を訪れ、市内全ての27の小学校にサッカーボールを3つずつ、あわせて81個を寄贈しました。

J1京都サンガFCキャプテン 川崎颯太選手(甲府市出身):
サッカーが好きでたまらない子たちがボールを蹴ってプロとか世界などいろんなところに羽ばたいて欲しいと思います

贈られるサッカーボールはミズノ製の新しいデザインのもので、3月以降各小学校に届けられるということです。

1/4(木) 19:02 テレビ山梨
https://news.yahoo.co.jp/articles/ae093aa609764446df3a440ec1c3d3e73b3e1117

【【サッカー】J1京都サンガFCの川崎颯太選手がサッカーファンに喜びのボール寄贈!】の続きを読む


J1ガンバ大阪、ダニエル・ポヤトス監督来季も指揮!驚異的なパスサッカーが魅力


この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の姓)はポヤトス、第二姓(母方の姓)はアルガーバです。 この人物の日本語表記には、主に以下のような表記揺れがあります。 ダニエル・ポヤトス ダニエル・ポジャートス ダニエル・ポヤトス(Daniel Poyatos)ことダニエル・ポヤトス・アルガーバ(Daniel Poyatos…
6キロバイト (488 語) - 2023年10月27日 (金) 09:21


「13位という現在の成績とは裏腹に、ポヤトス監督の指導力と魅せるパスサッカーは間違いなくチームに奮い立たせる力を与えていると感じます。来季も更なる上位進出が期待されますね。頑張って欲しいです!」

J1ガンバ大阪は27日、スペイン指揮官ダニエル・ポヤトス監督との契約を更新し、来シーズンも引き続きトップチームの指揮を執ることに合意したと発表した。

魅せるパスサッカー継続へ。今季からG大阪指揮官に就任したポヤトス監督は、リーグ戦序盤に苦戦を強いられた。第10節鹿島アントラーズ戦から第14節横浜F・マリノス戦まで5連敗を喫するなど苦しい時期を過ごすも、第15節アルビレックス新潟戦から第21節川崎フロンターレ戦まで7勝1分けとV字回復をやり遂げた。

今季は現在13位と思うような順位に位置していないが、それでも緻密なパスワーク、正確なビルドアップなどで局面を打開する魅せるサッカーで時折Jリーグを沸かせたことも。来季も同路線の継続が見込まれるため、完成度を高めて上位進出を目指す。

ポヤトス監督はリリースを通じて、

ガンバ大阪に関わる全員が望むメンタリティーとアイデンティティーを取り戻す、この大きな挑戦を粘り強く乗り越える目的と共に、ガンバ大阪と来シーズンの契約更新に合意したことを皆さんに報告します。クラブの皆さん、ファンサポーターの皆さん、そしてスタッフのみんな、良い時も、そして特に悪い時にもサポートしていただけたことに感謝します。この道のりが簡単でないことは理解しています。ですが、クラブに関わる全員が団結すれば、全員が追い求める目標を成し遂げることができます。再び、チャンピオン ガンバ大阪を感じよう」

コメントした。

【関連記事】存在がチート。どうやっても止められないJリーグで活躍した外国籍ストライカー5人

G大阪10月28日に開催されるJ1第31節セレッソ大阪とアウェーで大阪ダービーを迎える。

J1ガンバ大阪がダニエル・ポヤトス監督の来季続投を発表!現在13位も、魅せるパスサッカーを披露


(出典 news.nicovideo.jp)



新潟の攻撃に対する積極性に欠ける姿勢や、神戸の的確なカウンター攻撃の差が試合結果にも現れていたと思います。次節以降の両チームの成長が楽しみです。

【新潟と神戸が激突!J1第20節での試合予想と注目選手をチェック!】の続きを読む


サポーターという立場を利用して、暴力を振るう人たちは本当に残念です。今回の件で被害を受けた方には心からお詫びしたいと思います。

【横浜FCがサポーター処分を発表!暴力行為に出血も…】の続きを読む

このページのトップヘ