サッカーまとめラボ

毎日10記事更新中|サッカー関連国内外問わず|最新情報公開| 詳しくはブログ サッカーまとめラボへお越しください。|

衝撃の事実


兒玉遥のサムネイル
兒玉 (こだま はるか、1996年〈平成8年〉9月19日 - )は、日本の女優、グラビアアイドル、YouTuberであり、女性アイドルグループ・HKT48の元メンバーおよびAKB48の元兼任メンバー。福岡県出身(宮崎県都城市生まれ)。エイベックス・アスナロ・カンパニー所属。 2011年…
54キロバイト (6,994 語) - 2024年7月9日 (火) 06:21

1 フォーエバー ★ :2024/07/09(火) 17:35:50.74 ID:L9TkPWYS9

(出典 image.news.livedoor.com)
?v=20240709172418

2024年7月9日 12時15分 スポニチアネックス

 元HKT48で女優の兒玉遥(27)が、9日までに自身のYouTubeチャンネル「はるっぴちゃんねる」を更新。これまでの整形歴を告白した。

 兒玉は「100の質問に答えてみた!!」と題した動画をアップ。矢継ぎ早に質問され、一つ一つ答えていくと、美容整形に関するクエスチョンも。

 「美容整形したことある?」との質問に、兒玉は「あります!もうありますって言ってるけど、したことあります」と回答。これまでかけた金額を聞かれると「1000万は超えてると思います、全部で。数えたことないけど。だって10代のときからしてるから」と、HKT在籍時代から施術を繰り返していることを明かした。

 また、「アイドル時代の最高年収は?」と聞かれると、兒玉は「一番多かったときで、1200万でした」と告白した。

 動画では「人生で一番高い買い物」や「今までで1番怖かった経験」「持っている資格」「趣味」などについて赤裸々告白している。

https://news.livedoor.com/article/detail/26755353/

【【芸能】兒玉遥がHKT時代から総額1000万円超の整形を告白!衝撃の事実が明かされる】の続きを読む


やっぱりエイベックスと浜崎あゆみは切っても切れない関係だったんですね。驚きの事実を知ってちょっと悲しいです。

1 冬月記者 ★ :2024/04/21(日) 16:47:34.99 ID:a3vQX8Ln9
https://news.yahoo.co.jp/articles/1a25cc4c8e4fb5d311ac3c4c4738def90256bc8c

エイベックス松浦会長、浜崎あゆみと“破局”した際の驚きの事実とは?「20年以上たって気付いて…」

 エイベックスの松浦勝人会長(59)が21日までに自身のYouTubeチャンネルを更新。歌手・浜崎あゆみ(45)と破局した際の驚きのエピソードを明*場面があった。

 モデルで実業家・矢神サラから「マサはあゆさんのことをずっと愛していたの?途切れたりとか、ケンカしたりとかは繰り返すわけじゃん」と質問されると、松浦会長は「最初の2年ぐらいしか付き合ってないよ」といい「でも、仕事はあるわけだからさ。“もう会わない”とかは無理なわけじゃん」と答える。

 「俺はフラれたと思ってたのよ、やべぇって思ってたことがバレて“終わったな…”って。ほかにも色々とあって、日本にいるのがつらいからハワイに引っ越して。俺はそこでもう(関係は)終わったと思っていた」と当時の思いを語った。

 しかし「『M』を作ったときに、作家の人とあゆと話したんだけど。あゆは“俺がハワイに行ったから捨てられた”って思ってたのよ」と驚きの事実が判明。

 「俺はダメになったと思って、ハワイに行ったんだけどさ。なんだろう、このズレはって。それを20年以上たってから気づくんだよ」と振り返っていた。

【【芸能】松浦会長と浜崎あゆみ、20年以上経って気付いた衝撃の事実とは?】の続きを読む


違法ギャンブルは決して許される行為ではありません。大谷選手の通訳として活躍する水原氏も、しっかりと罰せられるべきです。今後同様の事件が起きないよう、スポーツ界全体での啓発活動が必要ですね。

1 フォーエバー ★ :2024/03/24(日) 11:34:20.04 ID:0ryS11pw9
3/24(日) 11:18配信

現代ビジネス
胴元の思惑
 「もともと連邦捜査局(FBI)が調査対象としていたのは、違法ブックメーカーでした。彼を捜査している中で浮上したのが水原氏。そこから今回の調査は始まった。すると送金記録の中に大谷の名前があったことから、一連の騒動に発展したのです。

 捜査当局からしてみたら、思わぬ“副産物”といったところなんです。当の水原氏にしてみればたまったもんじゃない、ということでしょうが、ここで明るみになったのは不幸中の幸いではないか。もし発覚しなかったら、さらに借金を重ねていたかもしれません」

 前出のジャーナリストは、「水原氏の背後には大谷がいることを利用して、胴元はさらに水原氏からカネを搾り取ろうしていた」と推測する。

「いい金づるだった」
 「こんな巨額の損失を出した理由はまず、胴元に転がされただけでしょう。水原氏は大谷の通訳として顔が割れていますが、もともとは『大谷自身からカネを引っ張る』『水原氏を利用して大谷のカネを出させる』という目的で近づいたわけではないと思います。

 一緒にカード賭博をしていくうちに、『こいつはイケる』と確信されたから転がされ、雪だるま式に増えていった。賭博を続けていくうちに『大谷のカネ』をあてにするように追い込んでいったのでしょう」(前出のジャーナリスト、以下「」も)

 ブックメーカーにしてみれば、水原氏は「いいカモ」以外の何者でもなかった。

 「つまり水原氏はいい金づるだったんです」

 日本円で7億円近い損失を出すほどのギャンブル。いったいどのようなカラクリがあったのだろうか。

本当にギャンブルの才能がない人だった
 「倍率の問題です。一般的なスポーツ賭博で勝敗だけなら簡単な賭けになります。倍率も1倍かそこらで、あんな巨額の損失にはならない。そこに誰が得点をあげて、何点差で勝って、などの項目が次々に追加された結果、倍率もあがっていったのでしょう。そして水原氏は負けた分を回収しようとして、倍率が大きい方に賭けていったのではないか」

 ブックメーカー側には、「水原氏には勝たせない」という意図があったのか。

 「それはないと思います。水原氏本人も『ギャンブルの才能がない』と述懐していたように、本当に勝てなかったんだと思います。水原氏はギャンブルをやってはいけない人だったんです」

 どんどん借金は膨れていっても、水原氏はやめられなかった。その背景には、「ある巨大犯罪組織」の存在があると見られる。

 つづく後編記事『「イッペイは身の危険を感じていた」…! 大谷翔平の通訳・水原氏が心配される「命の危険」と、その背後にある「巨大犯罪組織」の正体』では、一連の騒動の行方について、さらに詳しく報じています。

週刊現代(講談社)

2/2ページ

https://news.yahoo.co.jp/articles/87d2e4894518b26b28432e32f4fe02d90254a471?page=2

【【中毒】大谷翔平の通訳・水原一平氏が違法ギャンブルの闇に堕ちた衝撃の事実】の続きを読む

このページのトップヘ