サッカーまとめラボ

毎日10記事更新中|サッカー関連国内外問わず|最新情報公開| 詳しくはブログ サッカーまとめラボへお越しください。|

新スタジアム


静岡市の新しいエスパルスの本拠地がJR清水駅東口になる可能性が高いということは、地元のファンにとっては便利だし、交通アクセスも良くなるので良いニュースだと思います。

1 阿弥陀ヶ峰 ★ :2024/03/28(木) 14:28:10.71 ID:6LBDUasT9
静岡市 難波喬司市長(26日):「将来のことを考えると、やはり(JR清水駅)東口につくるというのが現実的だと思う。現実というか望ましいと思いますから、何としても、そちらに向けて努力したいと思っています」

26日、今年度最後となる定例会見を開いた静岡市の難波喬司市長。会見で「努力したい」と意気込んだのは、清水エスパルスの本拠地となる新サッカースタジアム構想についてです。現在、清水エスパルスの本拠地であるIAIスタジアム日本平は、屋根の仕様がJリーグの基準を満たしておらず、さらには建設から30年以上が経過していることから老朽化という問題も抱えていて、改修の必要に迫られています。

そこで新スタジアム建設の最有力候補地として示されたのがJR清水駅東口の「ENEOS製油所跡地」です。

静岡市 難波喬司市長:「静岡市の将来のためには、IAIスタジアムの大規模改修または原位置改修を行うよりも、JR清水駅東口においてスタジアムを含む街づくりに投資が行われる方が社会的な便益がより高いと考えております」

難波市長は、改修にはおよそ148億円の費用がかかり、さらに現在の場所で建て替えをした場合も236億円ほどかかるという試算を示した上で、既存のスタジアムの改修や建て替えではなく、JR清水駅東口の新スタジアムを含む街づくりをしたほうがメリットがあると説明しました。
静岡市 難波喬司市長:「今のIAIスタジアムを改修するか、改修した場合は、街づくりの効果は今と同じになりますが、同じ金額を掛けてこの東口にスタジアムを移転した場合は、やはり街づくりとしての効果が非常に大きくなります」

ただ、新スタジアムの実現には148億円以上の費用がかかるとされていて、難波市長は民間事業者の協力が必要不可欠だと強調しました。

静岡市 難波喬司市長:「東口の新スタジアムは148億円ではできませんので、民間投資が入ってこないとスタジアムは実現をしないということになります。したがって、公民連携の取り組みということですけども、これから東口にスタジアムが建設できるように、取り込んでいく必要が出てまいります」
 難波市長によりますと、すでに数社の企業が興味を示しているといい、できるだけ早く、新スタジアムが建設可能か判断していくとしています。

静岡市 難波喬司市長:「スタジアムが実現できるのかどうかというのは、1年以内ぐらいには判断する必要があるのではないかと思っております」

静岡市で持ち上がっている様々な「ハコモノ構想」。清水の新スタジアムについても年度末に道筋が見えてきたようです。
https://news.yahoo.co.jp/articles/3503f79c09c52e646aff516960d3e55366a33dfe

【【サッカー】難波市長のコメント!エスパルスの新スタジアムは現実的な場所とは?】の続きを読む


紫に染まったスタンドの光景を想像するだけで、気持ちが高まります!広島のサッカーファンにとっては、新たな聖地が誕生した瞬間ですね。初ゲームは必見です!
チームの活躍と共に、新スタジアムも一体感ある雰囲気で溢れることでしょう。

1 尺アジ ★ :2024/02/10(土) 18:32:51.98 ID:N6zuQ+799
新しいサッカースタジアム「エディオンピースウイング広島」のこけら落としとなるプレシーズンマッチが行われおよそ2万6500人のサポーターがスタンドを埋めました。

【西山キャスター】
「いよいよきょうこけら落としのエディオンピースウイング広島です。キックオフ4時間前なんですが、スタジアム全体で盛り上がりを感じます!」
 
【サポーターは】
「20年位待ったからね。感慨深いですよね、やっぱね今日初めて生で見たのでちょっと興奮してテンションが上がってます」
「待ちに待ったスタジアムなのでわくわくが止まらない」

楽しみですいよいよ本格始動となった「エディオンピースウイング広島」。

【西山キャスター】
「午前10時を過ぎました。 サッカースタジアムが開門したということで、サポーターのみなさんがどんどんとこのスタジアムの中に入っていきます」

「こけら落とし」となるきょうのゲームを観戦することができたのはおよそ2万6500人のサポーター。

そして、待ちに待ったキックオフ!スタンドを紫に染めたサポーターが選手を後押しします。前半42分には、柏が持ち込んでシュート!これは惜しくも相手キーパーに阻まれます。

それでも、後半3分。待ちに待った歓喜の瞬間が訪れます。
東のクロスに合わせたのはピ*ス・ソティリウ!記念すべき、新スタジアム初ゴールとなりました。(※試合は、1対2でガンバ大阪が勝利)

【試合後サポーターは】
「待ちに待ったサッカースタジアムなんですごい興奮しました」
「選手のプレーが近いのですごい臨場感があってエキサイティングですごい観戦が楽しいです」

※続きは以下ソースをご確認下さい

2/10(土) 18:18
テレビ新広島

https://news.yahoo.co.jp/articles/59c9f01b555a69c6807a72e99f5c341df4c3f936

【【サンフレッチェ広島】広島の都心に新たな風景誕生!紫に染まったスタンドでの初ゲームが開催される】の続きを読む


鹿児島市にとってもJリーグやサッカー協会がスタジアム整備を検討していることは大きな朗報ですね。
サッカーやスポーツ文化の活性化につながることで、地域の人々にとっても多くのメリットが生まれるでしょう。

1 梵天丸 ★ :2023/12/27(水) 08:40:23.97 ID:FBK8G29q9
12/26(火) 19:45配信
鹿児島ニュースKTS

日本サッカー協会の田嶋幸三会長が全国大会開会式の出席のため鹿児島市を訪れ、鹿児島市が整備を検討しているサッカースタジアムについて実現に期待を寄せました。

26日開幕する日本サッカー協会主催の「全日本Uー12サッカー選手権大会」の開会式に出席するため、鹿児島市を訪れた田嶋会長。

鹿児島市の下鶴隆央市長らとともに報道陣の取材に応じ、鹿児島市が中心市街地での整備を検討しているサッカースタジアムについて、協会が目指す方向性とも一致しているとして実現に期待を寄せました。

日本サッカー協会・田嶋幸三会長
「試合の時だけ遠くに車で行ってそこで見るのではなく、新しい形のスタジアムができれば私たちとしては本当にこの上なくうれしい。Jリーグ、サッカー協会が目指すスポーツ文化につながると思う」

これに対し下鶴市長は改めてサッカースタジアムの整備に意欲を見せました。

鹿児島市・下鶴隆央市長
「街中の、試合がある日もない日も日頃からにぎわうスタジアムの実現に向けて取り組んでいきたい」

https://news.yahoo.co.jp/articles/b29df4895fad766f811cc040795883a631581521

【【田嶋会長】サッカー協会が注目する鹿児島市のスタジアム整備計画!】の続きを読む


サッカースタジアムの構想について、共産市議団の独自アンケートで賛成がわずか8.7%という結果が出たようです。これは市民の声を反映したものであり、市長にはこのアンケートの結果を踏まえて慎重な判断を求めるべきだと思います。

1 梵天丸 ★ :2023/12/27(水) 17:15:48.75 ID:AgSL/gi59
12/27(水) 11:11配信
南日本新聞

 鹿児島市議会の共産市議団(3人)は26日、市が鹿児島港本港区北ふ頭で整備を目指す多機能複合型サッカースタジアムについて、構想を白紙に戻すよう下鶴隆央市長に申し入れた。

 同団は11月から市内全域でアンケート調査を実施している。中間報告(12月25日現在470人)で、賛成8.7%、反対59.8%、どちらともいえない27%だった結果を踏まえ、「市民の理解を得られないまま推進すべきでない」とした。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/3b0e6d3f15333286d37b766bfd829a31f94975ec

【【サッカー】反対意見の多数派 鹿児島サッカースタジアム計画が見直しか?】の続きを読む


28日に完成する広島の新サッカースタジアム、とても楽しみです!
広島のサッカークラブがJ1に上がってからも、熱い試合や応援の雰囲気が魅力でしたが、新スタジアムでの試合はさらに一層盛り上がること間違いなしです!早く観戦に行ってみたいです!

1 Egg ★ :2023/12/27(水) 20:26:14.24 ID:7ODW85lx9
⬛広島に新サッカースタジアム あす28日完成 J1広島の新本拠地


J1サンフレッチェ広島の新本拠地となるサッカースタジアムが28日、広島市中央公園(中区)に完成する。2012年のリーグ初優勝で建設機運が高まる中、市を主体に地元官民が協力して事業を推進。市民やサポーターも建設費を寄付した。「エディオンピースウイング広島」として、2024年2月1日に開業する。

【写真集】サッカースタジアム
https://www.chugoku-np.co.jp/stp/Edit/sakasuta20231226/photo.html

 スタジアムは鉄筋7階建て延べ6万7253平方メートル。2万8520席を備え、国際試合を開ける。スタンドは鳥の翼をイメージした大屋根で覆われ、 最前列と天然芝のピッチの間は8メートルと近い。メインビジョン(幅32メートル、高さ9メートル)は、サッカー専用では国内最大級となる。

 総事業費は285億7千万円。家電量販のエディオン(中区)が30億円、マツダが20億円を出し、地元経済界が約18億円を集めた。個人の寄付も6億円超に上る。県と市は各30億7200万円を負担する。

 J1初制覇の翌13年に、サンフレが市中心部へのサッカー専用スタジアム建設を求める約37万筆の署名を集め、県や市に報告。広島商工会議所を含む官民で本格的に検討を始めた。候補地に旧市民球場跡地(中区)や広島みなと公園(南区)が挙がる中、19年に市中央公園自由・芝生広場に決定。旧陸軍施設の被爆遺構が見つかった発掘調査を経て、市が22年2月に建設に着工した。

12/27(水) 17:18配信 中国新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/f72aaa7648563687848892a2c960df6409de1d3e

写真

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=466&exp=10800

【【サッカー】J1広島の新サッカースタジアム、本日完成!】の続きを読む

このページのトップヘ