サッカーまとめラボ

毎日10記事更新中|サッカー関連国内外問わず|最新情報公開| 詳しくはブログ サッカーまとめラボへお越しください。|

川崎フロンターレ


川崎と町田の試合では、川崎の圧倒的な力を感じさせるプレーが光りました。町田も一生懸命戦っていました、やはりまちだにはかなわなかったですね。

1 久太郎 ★ :2024/04/07(日) 17:04:09.52 ID:y/ro9uIx9
浦和 3-0 鳥栖
[得点者]
05'チアゴ サンタナ(浦和)
53'松尾 佑介   (浦和)
83'大久保 智明  (浦和)
スタジアム:埼玉スタジアム2002
入場者数:28,576人
https://www.jleague.jp/match/j1/2024/040706/live#live/

川崎 0-1 町田
[得点者]
32'藤尾 翔太(町田)
スタジアム:Uvanceとどろきスタジアム by Fujitsu
入場者数:22,008人
https://www.jleague.jp/match/j1/2024/040707/live#live/

名古屋 0-0 福岡
[得点者]
なし
スタジアム:豊田スタジアム
入場者数:23,134人
https://www.jleague.jp/match/j1/2024/040708/live#live/


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

【【サッカー】注目!!川崎vs町田の一戦】の続きを読む


川崎と磐田の試合は本当に攻防が激しかったですね。両チームともに勝ち点を取りたい思いが伝わってきました。

1 久太郎 ★ :2024/03/01(金) 21:13:34.84 ID:f4/4xSnj9
川崎 4-5 磐田
[得点者]
06'植村 洋斗    (磐田)
18'ジャーメイン 良 (磐田)
29'ジャーメイン 良 (磐田)
36'エリソン     (川崎)
55'エリソン     (川崎)
59'マルシーニョ   (川崎)
80'ジャーメイン 良 (磐田)PK
85'山田 新     (川崎)PK
90+7'ジャーメイン 良(磐田)PK
スタジアム:Uvanceとどろきスタジアム by Fujitsu
入場者数:20,316人
https://www.jleague.jp/match/j1/2024/030101/live#live/

横浜FM 0-1 福岡
[得点者]
51'紺野 和也(福岡)
スタジアム:日産スタジアム
入場者数:19,487人
https://www.jleague.jp/match/j1/2024/030102/live#live

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

【【サッカー】J1第2節金曜戦!川崎vs磐田、横浜FMvs福岡の注目カードを徹底分析】の続きを読む


エリソンの加入は川崎Fにとって大きな強化となるだろう。
彼の得点力とスピードは、チームの攻撃力を一段と高めてくれるはずだ。楽しみにしている。

1 Egg ★ :2024/01/08(月) 22:20:28.99 ID:sLkVoe0Q9
川崎フロンターレは8日、ブラジルのサンパウロよりFWエリソンが完全移籍にて加入することを発表した。

【動画】エリソンから川崎フロンターレのファン・サポーターへメッセージ!

 エリソンは1999年4月13日生まれの現在24歳。ブラジル出身のストライカーで、これまでに母国のフィゲイレンセなど複数のクラブチームを渡り歩いてきた。2022年よりボタフォゴへ加入し、同年8月にはポルトガルのエストリル・プライアへ期限付き移籍して欧州へ上陸。2022-23シーズン前半戦のみの在籍となったが、プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部リーグ)を含む公式戦通算15試合の出場で4ゴールを挙げた。2023シーズンはサンパウロへ期限付き移籍。負傷に悩まされる苦しいシーズンだったが、公式戦通算19試合のピッチに立って3ゴールを記録した。

 完全移籍加入に際し、エリソンは川崎Fを通してコメントを発表。2024シーズンの明治安田生命J1リーグに向けて意気込みを綴った。

「日本に来ることが決まり、とてもうれしく思っています。川崎フロンターレというビッグクラブでプレーできることは私にとって大きな喜びです。このチャンスをくださった皆さんに感謝します。この先、私の情熱や闘志は決して変わりません。素晴らしい一年にしましょう。川崎で会いましょう!」

 今オフ、川崎FではMFジョアン・シミッチとFWレアンドロ・ダミアンの契約満了による退団が決まったほか、DF山根視来(ロサンゼルス・ギャラクシーへ完全移籍)、DF登里享平(セレッソ大阪へ完全移籍)、MF山村和也(横浜F・マリノスへ完全移籍)、FW宮代大聖(ヴィッセル神戸へ完全移籍)など複数名の主力選手が退団した。一方、ヴァンフォーレ甲府からDF三浦颯太、ガンバ大阪からMF山本悠樹、名古屋グランパスからDF丸山祐市、バイーアからMFパトリッキ・ヴェロン、ゴイアスからMFゼ・ヒカルドらの加入を発表している。

1/8(月) 20:22配信 サッカーキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/efcf654f9e0a77e5052e5bc99d55ac5562bcc2ff

写真
(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?exp=10800

【【サッカー】川崎FがサンパウロFWエリソンの完全移籍を発表!】の続きを読む


大丈夫かと心配になってしまいます。川崎の中心選手が移籍してしまうと、今後のチーム強化にも影響が出てしまいそうです。
早急に新たな補強策を考えて欲しいです。

1 Egg ★ :2024/01/06(土) 21:03:25.33 ID:R2jfW9Tq9
■「大丈夫か?」 J1川崎、主力クラス続々退団でSNS悲鳴…登里、山根、宮代が移籍「何故こんなに」

写真

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=426&exp=10800

主力クラスの退団リリースが続々、ファンから不安の声

 J1川崎フロンターレは1月6日、3選手の退団を発表。  

DF登里享平がセレッソ大阪、DF山根視来がアメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)のLAギャラクシー、FW宮代大聖がヴィッセル神戸へとそれぞれ完全移籍となった。

主力クラスの流出が相次いだなかで、SNS上では「来季大丈夫か?」「何故、こんなに抜けるんだ」と、不安の声が上がっている。

 昨季リーグ戦8位に終わった川崎が今オフ、既存戦力の大幅な入れ替えを敢行している。2020、21年のリーグ連覇に貢献するなど不動の右サイドバックに君臨してきた30歳の山根、09年のプロ入り後、川崎一筋で左SBとしてチームを支えてきた33歳の登里の両ベテランがチームを去ることが正式に決まった。 

さらに、昨季チーム2位のリーグ8得点をマークした23歳の宮代も新天地へ。4日にはバックアッパーとして貴重な働きを見せていたMF山村和也が横浜F・マリノスへ完全移籍されるなど、このオフは例年以上に既存選手たちの退団が目立つ形になった。

 新戦力として元日本代表DF丸山祐市(←名古屋グランパス)やMF山本悠樹(←ガンバ大阪)、DF三浦颯太(←ヴァンフォーレ甲府)らを獲得しているものの、これまでチームを支えてきた登里や山根らの退団は1つの転換期とも言えるビッグニュースだろう。  

すでに退団が発表されていたFWレアンドロ・ダミアン、MFジョアン・シミッチを含めた功労者たちが抜けてしまった衝撃度は大きく、SNS上では「川崎は来季大丈夫か?」「OUT多いな」「抜かれ具合がエグい」「何故こんなに抜けるんだ」「こんなに出しちゃって大丈夫なん?」などと、ファンからの声では悲観が先行していた。

1/6(土) 15:36 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/f23a8b207bfa0be7be418ac65a3959611a589c02

【【川崎フロンターレ】登里、山根、宮代が川崎を去る!ファンの驚きと悲しみが広がる!】の続きを読む



(出典 sportiva.shueisha.co.jp)


川崎が謝罪し、投稿を削除したことに対して擁護の声が多いですが、私はそれに賛成しません。
ネット上での誹謗中傷は許されるべきではありませんが、一度謝罪や削除に応じると、ますますクレーマーたちの要求がエスカレートしてしまう可能性があります。
適度な節度を持って対応していくべきだと思います。

1 梵天丸 ★ :2023/12/28(木) 16:27:43.69 ID:c5NZPp/t9
12/28(木) 14:36配信
東スポWEB

 J1川崎が電車の中吊り広告で掲載した文言を巡る騒動が波紋を呼んでいる。

 川崎は27日にクラブ公式X(旧ツイッター)で、来季に向けたメッセージを募集するJR南武線の中吊り広告を掲載。そこでは「スロースターターでごめんなさい」「2023シーズン、10月以降は公式戦〝12戦無敗〟と絶好調だったのに、結局、『天皇杯優勝』の一冠にとどまってしまいました。エンジンがかかるのが遅くて本当にごめんなさい」などと記されていた。

 だが、この内容に一部から批判が寄せられ、川崎側は「JR南武線中づり広告へのメッセージ募集に際し、クラブ公式Xに投稿した画像について、チーム・選手、対戦相手や大会関係者へのリスペクトに欠けている等のご指摘をいただきました。不適切な表現、大変申し訳ございませんでした。お詫びの上、当該投稿を削除させていただきます」と謝罪。投稿も削除する事態になった。

 これを受けて、川崎の投稿内容は問題ないと主張する声が続出。「文章だけ見てる限りでは何も問題なさそうだけど、重箱の隅をつつくレベルのクレーマーが絡んできそうなところとしては『スロースターターでごめんなさい』→前半は過密日程で選手への負担が大きかったんだから」「別に謝らなくて良いよ」「広告の文面のどこが不適切なのか理解できない。なんでも批判する人のいいなりになれば個性も失ってしまう」と川崎を擁護し、過度な批判を疑問視する声が次々と上がっている。

 昨今のサッカー界ではネット上での誹謗中傷問題が深刻化していることもあり、クラブ側も難しい対応を迫られそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/439f4b47bfcece203261108b08ef8e5a55929ca4

【【サッカー】川崎の対応に賛成派多数!ネット上の悪質コメントに終止符を打つ】の続きを読む

このページのトップヘ