サッカーまとめラボ

毎日10記事更新中|サッカー関連国内外問わず|最新情報公開| 詳しくはブログ サッカーまとめラボへお越しください。|

小泉今日子


小泉今日子のサムネイル
小泉 今日子(こいずみ きょうこ、1966年2月4日 - )は、日本の俳優、歌手、執筆家。制作事務所「株式会社明後日」代表取締役、プロデューサー。身長153 cm。血液型O型。アイドルとして松田聖子と中森明菜の2強に続いた存在であり、歌手として筒美京平・馬飼野康二の作曲作品でヒットを連発した。KYO…
149キロバイト (17,062 語) - 2024年7月6日 (土) 11:28

1 冬月記者 ★ :2024/07/09(火) 07:53:11.82 ID:cglNT3f39
https://news.yahoo.co.jp/articles/3619e0bb11f2b5458404ad5a6fe7a74d8e590665

小泉今日子『最後から2番目の恋』続編で30年ぶり月9主演へ!“不倫宣言”以来初の民放ドラマに

「月9の『海のはじまり』は初回の平均世帯視聴率が8%でした。さらなる伸びに期待が寄せられています」(テレビ誌ライター)

 目黒蓮(27)主演で、ヒット作『silent』(フジテレビ系)のチームが再結集した話題作だが、フジテレビは積極的な番宣を展開し、放送開始に備えた。

「月9は不振が続いていて、菅田将暉さん主演の『ミステリと言う勿れ』(’22年)以後、全話平均の視聴率が1桁台にとどまっています」(前出・テレビ誌ライター)

 そんななか、低迷を続ける看板枠を盛り上げるため、来年に向けて人気作の復活が極秘裏に進められているという。

「4月クールで、小泉今日子さん主演の『最後から二番目の恋』の続編が放送されると聞いています」(テレビ局関係者)

『最後から二番目の恋』は、小泉演じるテレビ局プロデューサー・千明と公務員の和平(中井貴一)との恋を中心に描いた人気ラブコメディ。第1弾は木曜22時の枠で’12年に放送され、平均視聴率は12.4%を記録した。同年11月にスペシャルドラマが、’14年4月に『続・最後から二番目の恋』が放送されている。

「ロケは主に鎌倉で行われ、モデルとなったカフェやレストラン、劇中に登場する公園などへ“聖地巡り”をするファンも多数いました」(前出・テレビ局関係者)


 『続・最後から―』の放送中に開催されたファンミーティングのなかで、小泉はこう語っている。

「ある一定のみなさまが最初から見てくれているんだなと実感しているので、支えてくださるみなさまに感謝の気持ちでいっぱい」

 再放送されるたびSNSで続編を望む声が上がるなど、根強いファンの支持も月9への“昇格”を後押ししたようだ。

「小泉さんは’17年の『監獄のお姫さま』(TBS系)以来、民放連ドラの主演がありません。’18年の豊原功補さんとの“不倫宣言”が問題視されたともいわれています」(前出・テレビ局関係者)

 月9の主演となると、やはり中井と共演した’95年の『まだ恋は始まらない』以来、約30年ぶり。

「フジにとって、小泉さんと中井さんはいわば“ゴールデンコンビ”。現状を打開するため、もはや2人にすがるしかないのです」(前出・テレビ局関係者)


 来年は個人事務所を設立して10年という節目を迎える小泉だが、最近のインタビューで次のように話している。

《たぶん60歳になる2026年までやることがほぼ決まってるんで忙しいんですけどね》(’24年6月21日配信「音楽ナタリー」)

 月9主演は“やること”のうちの一つなのだろうか。小泉のキャスティングについて本誌がフジテレビに問い合わせたところ

「制作の詳細に関してはお答えしておりません」(広報宣伝部)

 との回答があった。

 前出のテレビ局関係者によると、撮影は来年2月ごろに始まる予定だという。

 小泉は月9の救世主となるか!?

【【芸能】小泉今日子、30年ぶりの月9主演決定!『最後から2番目の恋』続編】の続きを読む


満島ひかりのサムネイル
満島 ひかり(みつしま ひかり、1985年〈昭和60年〉11月30日 - )は、日本の女優、タレント。本名同じ。 鹿児島県鹿児島市生まれ、沖縄県沖縄市出身。ユマニテを経て現在はフリーランス。 沖縄アクターズスクール主催の「安室奈美恵を目指せ!NEW・SUPER…
100キロバイト (12,896 語) - 2024年6月28日 (金) 23:19
小泉今日子さんの発言がやりすぎだと思います。他の女優さんに対して失礼極まりない言葉です。デリカシーを持って行動してほしいですね。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/07/01(月) 20:22:33.85 ID:98oLCsSl9
2024/7/1

 6月23日に放送されたラジオ『ヴォイスミツシマ』(NHK)。女優・満島ひかりがパーソナリティを務める同番組に、小泉今日子がゲストで出演した。番組では、2人の出会いを振り返る流れに。

小泉今日子の発言に「失礼すぎる」

 都内のバーで初対面を果たしたのち、2017年のドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)で共演した2人だが、その際小泉は満島の鼻を触り、《シリコン入ってない!》と発言したという。

 実は小泉はもともと満島の鼻が気になっており、《あの子は(シリコンが)入ってるのかナチュラルなのか》と周囲とも話していたそう。満島は笑いながらこのエピソードを振り返っていたが、世間からは

《いやいや失礼すぎるでしょ》

《整形してるかどうかを周りと話してたってのも最悪。いじめっ子気質な感じがする》

《デリカシーなさすぎるよね。裏でいろんな噂話ばっかりしてそう》

 と、批判的な声が続出している。

「満島さんは、小泉さんとの“距離感が心地いい”例としてこのエピソードを挙げていたので、本人は別に悪くとらえてはいないようです。しかしもともと一部ネット上では、以前から《満島ひかるの鼻が変わったような》《前よりも鼻がシュッとした気がする》という声もありました。さすがにそれを知ってのイジリではないと思いますが、第三者から見ると、ちょっと印象が悪い行動ではありますね」(芸能ライター)

バラエティは絶対出たくない

 小泉といえば、今年1月に公開された『文春オンライン』での《(バラエティは)絶対出たくないですね》《くだらないから》発言も記憶に新しい。世間からも《バラエティやってる人に失礼すぎる》と批判が殺到したこの発言。

 落語家の立川志らくが《「くだらないから出演しない」は看過出来ない》《そのくだらない世界に命をかけている人も沢山いる》とXに投稿するなど、大きな波紋を呼んでいた。

「同インタビューでは、《昔と同じだからマズいんじゃないですかね》と語るなど、バラエティ番組の意識が時代に合わせてアップデートされていかないことに対して問題意識を抱えているようでした。

 小泉さん本人としては色々と考えての発言だと思うのですが、《くだらないから》のような強い言葉をつかってしまったせいで、そっちがフィーチャーされがちではありますね」(前出・芸能ライター)

 満島に対しての今回の行動も、小泉的には満島のきれいな鼻に感心してのふるまいだったよう。満島は小泉の性格について《最初に会った時からちゃぶ台でお茶飲んでるような感じなんです》とも褒め称えている。はたから見ると印象の悪いざっくばらんな発言も、直接関わる人からは好印象なのかもしれない。

https://www.jprime.jp/articles/-/32638?display=b

関連スレ
【芸能】満島ひかり、20歳年上女優との心地よい関係性「鼻を押されて“あっシリコン入ってない”って」 [フォーエバー★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1719734152/

【【芸能】満島ひかりへのコメントにデリカシー欠如?小泉今日子の言動に物議】の続きを読む

このページのトップヘ