サッカーまとめラボ

毎日10記事更新中|サッカー関連国内外問わず|最新情報公開| 詳しくはブログ サッカーまとめラボへお越しください。|

元日本代表


三浦知良のサムネイル
三浦 知良(みうら かずよし、1967年2月26日 - )は、静岡県静岡市葵区出身のプロサッカー選手。リーガ・ポルトガル2・UDオリヴェイレンセ所属。ポジションはフォワード(FW)。元日本代表。元フットサル日本代表。 Jリーグ開幕以来現役を続けている唯一の選手。ポルトガルリーグ最年長出場記録保持者(56歳)。…
161キロバイト (20,391 語) - 2024年5月2日 (木) 21:57
三浦知良の現役続行に期待しています。57歳とは思えないパフォーマンスを見せてくれることを楽しみにしています。

1 冬月記者 ★ :2024/05/21(火) 22:44:08.06 ID:0RJofKrg9
https://news.yahoo.co.jp/articles/7d2d708b4a482d2a46167cc6a50205a74e89ffe0

キング・カズが現役続行に意欲「多くの選択肢があるわけではないが…」 今季は公式戦6試合無得点で「悔しさが多かった」と総括

 ポルトガル2部オリヴェイレンセに所属する元日本代表FW三浦知良が21日に日本へ帰国し、メディアからの取材に応じた。

 三浦は1967年2月26日生まれの現在57歳。2023年2月より横浜FCからポルトガル2部オリヴェイレンセへ期限付き移籍しており、2023-24シーズンは公式戦6試合に出場。そのうち5試合は終了間際のわずかなプレータイムだったが、19日に行われたリーグ最終節では30分以上プレーした。

 シーズンを終えて21日に帰国した三浦は、「今季は2シーズン目ということもあり、出場機会やゴールという結果にこだわって戦いましたが、自分が思っていたよりも出場機会は少なかったですし、ゴールという結果もあげられなかったので、自分自身としても残留を争いをしたチームとしても、厳しいシーズンだったと思います。悔しさがほとんどだったかなと思います」と今季を振り返り、次のように悔しさを滲ませた。

「自分ではもっと試合に出たい、試合に出れると思ってずっとやってきましたし、出れないときは『次こそは』という気持ちをもってやってました。どんな短い時間でも、言い訳なく、1分でも2分でも結果を出す気持ちでやってきたし、そこに向けて奮い立たせてやってきたので、1日、1日が重く充実したサッカーだけを考えられた日々でした。とはいえ、プロとしては試合に出ないと良い結果だとは言えないので、結果は出せなかったなと思っています」

 それでも、「悔しさはあったけれど、それも含めて、挑戦できて戦える状況が幸せだと感じた」と充実感も語り、「素晴らしい仲間と出会えて、大きな経験を出来たと思うので、幸せな1年半でした」とオリヴェイレンセでの日々を振り返った。

 気になる今後の去就については、「そんなにたくさんの選択肢があるわけではないし、どこでどういう生活をしてサッカーを幸せに感じるかが大事だと思うので、いろいろな決める条件が自分の中にあるので、休んでから考えたいと思います」とコメント。

 そして、「ゆっくりする時間もあまりないし、6月から自主練が始まるので」と語り、「ブラジルに行ってロマーリオと2トップを組むのもいいかなと。オファーないかなと待ってますけど(笑)ロマーリオは僕のアイドルで、憧れの選手ですし、僕の1つ年上で復活してくれて…。僕が走ってロマーリオのゴールをアシストするのもやってみたいなと思います」と冗談を交えつつ、現役続行の意思を示していた。

 なお、三浦より1つ年上の元ブラジル代表のロマーリオは、自身で会長を務めるカンピオナート・カリオカ・セリエA2(リオデジャネイロ州2部)のアメリカFCで選手登録され、限定的に現役復帰している。

【【キング】三浦知良、57歳での現役続行を意欲!多くの選択肢はないが…】の続きを読む


「年下セラピストとの不倫愛とはいえ、路チューや手つなぎまで…やはり芸能界は色々ありますね。佐藤寿人の今後の活動に注目です。」

1 原島 ★ :2024/04/25(木) 18:10:30.62 ID:PNCF8xZn9
「ね~~。口の周りに何かついてない?」

そんな甘えるような表情の女性につられ、顔を覗き込む一人の男。何もついていなかったのか、二人は見つめ合って笑顔になる。そのまま手をつないで人気のない路地まで歩くと、二人は互いの唇を重ね合わせた―。

4月中旬の週末。サラリーマンでゴッタ返す東京・新橋(港区)で”二人だけの世界”に浸っていたのは、サッカー元日本代表の佐藤寿人(42)だ。この日は上下ともに黒で固め、変装用か、サングラスをかけている。

「佐藤は日本代表として活躍した名ストライカー。Jリーグ通算220得点を上げ、歴代最多得点記録を持つレジェンドです。’20年の引退後は解説者として活躍する傍ら、各地でサッカースクールを開催するなど精力的に活動しています。また愛妻家、子煩悩としても知られ、プロデビュー直後に知り合った奥さんと21歳の時に結婚。広島市内に家を持ち、3人の息子にも恵まれました。偉大な父に憧れ、3人ともサッカーの道に進んでいます」(日本サッカー協会関係者)

しかし、この日、佐藤の隣にいたのは20年以上にわたり連れ添っている妻ではない。その相手とはいったい誰なのか。

「相手はセラピストとして勤務する30代の一般女性Aさんです。笑顔が可愛らしい女優の波瑠似の美人。実は、Aさんと佐藤は1年にわたり、不倫関係になっているんです」(佐藤の知人)

解説業やテレビ出演など東京での仕事も多い佐藤は、現在、単身赴任中。この日は愛車でAさんの自宅マンションを訪れると、慣れた手つきで駐車場へ車を停め、二人で夜の街に繰り出していた。

夜7時半から新橋のイタリアンで1時間ほど食事を楽しむと、帰り道では冒頭のようにラブラブムードに。サングラスで変装しているとはいえ、大通りでも片時もAさんの手を離さない大胆ぶりだ。路地で1回目のキスをした後、2軒目を探す間もキス。恥ずかしそうに俯くAさんに顎クイするとまたキス。”路チューのハットトリック”を決めると、結局2軒目には寄ることなく、Aさんのマンションへと入っていった。この日、終電を越えても佐藤が帰宅することはなかった。

4月26日発売の『FRIDAY 5月10・17日号』と有料版『FRIDAY GOLD』では、二人の出会いのきっかけや佐藤への直撃の様子を詳しく報じるとともに、多数の写真を公開している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/587ba53754e67042668edfc6a86286e8f347f8b5

【【悲報】佐藤寿人、元日本代表の“禁断の恋”!年下セラピストとの不倫関係が発覚】の続きを読む


「柳沢敦氏や明神智和氏のような経験豊富な指導者にS級付与されるのは当然だと思います。日本サッカー界の更なる発展に期待ですね。」

1 ニーニーφ ★ :2024/03/08(金) 02:25:00.93 ID:I0BnCAAm9
 日本サッカー協会(JFA)は7日に東京都内で理事会を開催し、新たに4人にS級コーチライセンスを付与したと発表した。

 新たにライセンスが交付されたのは鹿島ユース監督で元日本代表FWの柳沢敦氏(46)、徳島コーチの古川毅氏(51)、G大阪ユースコーチで元日本代表MFの明神智和氏(46)、湘南U―18監督の平塚次郎氏(44)の4人。S級コーチライセンス保持者数は4人も含め計568人となった。
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2024/03/07/kiji/20240307s00002000579000c.html
スポニチアネックス

【 【サッカー】JFAコーチライセンスにS級付与!元日本代表・柳沢敦氏ら4人が認定】の続きを読む


岡崎 慎司(おかざき しんじ、1986年4月16日 - )は、兵庫県宝塚市出身のプロサッカー選手。ジュピラー・プロ・リーグ・シント=トロイデンVV所属。ポジションはフォワード。元日本代表。 日本代表得点ランキングで歴代3位、出場数で4位の記録保持者。 イングリッシュプレミアリーグのレスター・シティ…
74キロバイト (8,428 語) - 2024年2月26日 (月) 12:48
岡崎選手の引退ニュース、寂しいですね。長い間活躍してきた選手なので、引退はやむを得ないものと思いますが、今後の活躍も楽しみにしています。

1 久太郎 ★ :2024/02/26(月) 18:27:05.92 ID:dAj/wtpo9
 シントトロイデン(ベルギー1部)のFW岡崎慎司(37)が26日、今シーズンをもって現役を引退することを発表した。日本代表として119試合に出場し、歴代3位の50ゴールを記録した。シーズン終了後に記者会見をするという。

 滝川二高出身の岡崎は2005年に清水エスパルスへ加入してプロキャリアをスタート。08年から3シーズン連続で2桁得点を記録すると、11年1月にドイツのシュツットガルトへ完全移籍した。シーズン途中での移籍となった海外挑戦1年目は2得点に終わるも、翌季は7得点。13-14シーズンに加入したマインツではブンデスリーガで2年連続の2桁得点を達成し、15-16シーズンに当時プレミアリーグに所属するレスターへ移籍した。

 レスターではオーバーヘッドでの得点などで攻撃陣を牽引し、一気に現地ファンの心を掴んだ。すると加入1年目にチームは“ミラクル・レスター”と呼ばれる快進撃を見せてプレミアリーグを初優勝。クラブだけでなくイングランドサッカー界にも名を残した。18-19シーズンをもってレスターを退団すると、以降はスペインのマラガ、ウエスカ、カルタヘナでプレー。昨季からベルギーのシントトロイデンに活躍の場を移し、今季はここまでリーグ戦5試合、カップ戦では2試合1得点を記録している。

 日本代表としては08年の北京五輪や優勝した11年のアジアカップなどに出場。ワールドカップでは10年の南アフリカ大会から3大会連続で出場。日の丸を背負って戦った最後の主要大会は19年のコパ・アメリカだった。

 現役引退に際し、クラブを通じて以下のようにコメントしている。

「今シーズン限りで引退する事に決めました。サッカー選手として今まで全力を尽くしてきたけど、気付いたら体がボロボロで、そして自然と自分に限界を感じました。このクラブに来た事、このクラブで引退を決意した事は運命だと感じています」

「シーズンが終わったら改めて引退について話が出来たらと思います。シーズン最後まで復帰を目指しながらチームに貢献できるよう頑張ります」

「応援してくれる人に正直でいたくて、クラブと話をして早くに発表させてもらいました。最後は自分を応援してくれた人の為にも頑張ります」

https://news.yahoo.co.jp/articles/e5c746406c885162032eb0d7c2e95c4725755543

関連スレッド
【サッカー】岡崎慎司、現役引退へ 日本代表歴代3位の50得点 [征夷大将軍★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1708906407/

【【サッカー】体が「ボロボロ」…岡崎慎司、引退を決意】の続きを読む



1 久太郎 ★ :2024/02/20(火) 21:22:40.42 ID:vnLletMF9
元日本代表MF松井大輔が20日、現役引退を発表した。

2000年に当時の京都パープルサンガでプロキャリアをスタートさせた松井は、2004年からフランスやロシア、ブルガリア、ポーランドなど海外クラブを渡り歩き、2014年にジュビロ磐田に加入してJリーグ復帰。その後、横浜FCやベトナムのサイゴンFCでプレーし、2022年にはY.S.C.C.横浜フットサルとY.S.C.C.横浜の“二刀流”選手となった。

昨年12月にY.S.C.C.横浜が2024シーズンの契約を更新しないことが発表されていた中、松井は20日に自身の『インスタグラム』で「現役を引退します」と現役引退を発表した。

発表の配信では、日本代表で共闘した大久保嘉人氏と五輪3連覇記録を持つ元レスリング選手の吉田沙保里氏が参加。SNSでの発表については、「引退の仕方は色々あると思うけど、インスタで発表するのも新しいかなと思った。見送っていただける形、知っている人たちやいろんな人にお疲れと言ってほしかったのもあって」と理由を説明し、二人からの「お疲れさま」の言葉に笑顔をのぞかせた。

足下のテクニックやキープ力、ドリブルを武器としてウイングを主戦場にプレーしてきた松井は、2003年にデビューした日本代表としても通算31キャップを記録。2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)ではベスト16でパラグアイ代表に敗れるまでの全4試合でスタメン出場した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/128030b0251f39c237d1c78497bd0f8ac87d981d

【【サッカー】元日本代表MF松井大輔が現役引退をついに発表。】の続きを読む

このページのトップヘ