サッカーまとめラボ

毎日10記事更新中|サッカー関連国内外問わず|最新情報公開| 詳しくはブログ サッカーまとめラボへお越しください。|

三浦知良


三浦知良のサムネイル
三浦 知良(みうら かずよし、1967年2月26日 - )は、静岡県静岡市葵区出身のプロサッカー選手。明治安田生命J2リーグ・横浜FC所属。ポジションはフォワード(FW)。元日本代表。元フットサル日本代表。 Jリーグ開幕以来現役を続けている唯一の選手(当時26歳)。…
163キロバイト (20,728 語) - 2024年7月8日 (月) 16:48

1 鉄チーズ烏 ★ :2024/07/14(日) 23:25:48.50 ID:5VLg8mZ/9
7/14(日) 22:22配信 読売新聞オンライン
https://news.yahoo.co.jp/articles/34026b4d0a35d9f9e551cd155a1f53ad38f4ae3e

 サッカー日本フットボールリーグ(JFL)、アトレチコ鈴鹿のFW三浦知良(57)は14日、三重交通Gスポーツの杜サッカー・ラグビー場で行われたV大分戦に、クラブへ復帰後初めて出場した。62分から途中出場し、シュートこそなかったものの、クロスに頭から飛び込むなどゴールに迫った。自身が持つJFL最年長出場記録を57歳139日に更新し、「ピッチに立てたのは皆さんのおかげ」と語った。

【【レジェンド】三浦知良、JFL最年長出場記録を更新!57歳139日で驚きの復帰試合を果たす】の続きを読む


三浦知良のサムネイル
三浦 知良(みうら かずよし、1967年2月26日 - )は、静岡県静岡市葵区出身のプロサッカー選手。明治安田生命J2リーグ・横浜FC所属。ポジションはフォワード(FW)。元日本代表。元フットサル日本代表。 Jリーグ開幕以来現役を続けている唯一の選手(当時26歳)。…
163キロバイト (20,728 語) - 2024年7月8日 (月) 16:48

1 冬月記者 ★ :2024/07/09(火) 22:49:18.49 ID:owgYXDnR9
https://news.yahoo.co.jp/articles/d52029851c9a99214f56576acc00f9232c1efbcb

「カズダンスの新バージョンを」 帰ってきた三浦知良選手 応援呼びかける 三重・アトレチコ鈴鹿


 日本フットボールリーグJFLで戦うアトレチコ鈴鹿のホーム戦が7日、三重県四日市市で行われ、約1年半ぶりに返ってきたキングカズこと三浦知良選手が、サポーターに応援を呼び掛けました。

 サポーターたちは「町全体が盛り上がるので期待したい」「ヘディングでゴールを決めてほしい」「カズダンスの新バージョンを楽しみにしたい」などと期待を寄せていました。

 三浦選手は多くのファンが出迎える中、スタジアムに入り、ゲーム開始前に詰めかけたサポーターに「鈴鹿に帰ってきた。皆さんに会えて嬉しい。応援が本当に必要」と笑顔を見せ、応援を呼び掛けました。

 ホンダFCを迎えた7日の試合。三浦選手の出場はなく、試合は1対1で引き分けとなりました。

 三浦選手は選手登録の手続きが終われば14日の週、鈴鹿市で行われるホーム戦から出場が可能となります。

【【サッカー】三浦知良選手が鈴鹿に復帰!新たなカズダンスの登場に期待】の続きを読む


三浦知良のサムネイル
三浦 知良(みうら かずよし、1967年2月26日 - )は、静岡県静岡市葵区出身のプロサッカー選手。リーガ・ポルトガル2・UDオリヴェイレンセ所属。ポジションはフォワード(FW)。元日本代表。元フットサル日本代表。 Jリーグ開幕以来現役を続けている唯一の選手。ポルトガルリーグ最年長出場記録保持者(56歳)。…
161キロバイト (20,391 語) - 2024年5月2日 (木) 21:57
三浦知良の現役続行に期待しています。57歳とは思えないパフォーマンスを見せてくれることを楽しみにしています。

1 冬月記者 ★ :2024/05/21(火) 22:44:08.06 ID:0RJofKrg9
https://news.yahoo.co.jp/articles/7d2d708b4a482d2a46167cc6a50205a74e89ffe0

キング・カズが現役続行に意欲「多くの選択肢があるわけではないが…」 今季は公式戦6試合無得点で「悔しさが多かった」と総括

 ポルトガル2部オリヴェイレンセに所属する元日本代表FW三浦知良が21日に日本へ帰国し、メディアからの取材に応じた。

 三浦は1967年2月26日生まれの現在57歳。2023年2月より横浜FCからポルトガル2部オリヴェイレンセへ期限付き移籍しており、2023-24シーズンは公式戦6試合に出場。そのうち5試合は終了間際のわずかなプレータイムだったが、19日に行われたリーグ最終節では30分以上プレーした。

 シーズンを終えて21日に帰国した三浦は、「今季は2シーズン目ということもあり、出場機会やゴールという結果にこだわって戦いましたが、自分が思っていたよりも出場機会は少なかったですし、ゴールという結果もあげられなかったので、自分自身としても残留を争いをしたチームとしても、厳しいシーズンだったと思います。悔しさがほとんどだったかなと思います」と今季を振り返り、次のように悔しさを滲ませた。

「自分ではもっと試合に出たい、試合に出れると思ってずっとやってきましたし、出れないときは『次こそは』という気持ちをもってやってました。どんな短い時間でも、言い訳なく、1分でも2分でも結果を出す気持ちでやってきたし、そこに向けて奮い立たせてやってきたので、1日、1日が重く充実したサッカーだけを考えられた日々でした。とはいえ、プロとしては試合に出ないと良い結果だとは言えないので、結果は出せなかったなと思っています」

 それでも、「悔しさはあったけれど、それも含めて、挑戦できて戦える状況が幸せだと感じた」と充実感も語り、「素晴らしい仲間と出会えて、大きな経験を出来たと思うので、幸せな1年半でした」とオリヴェイレンセでの日々を振り返った。

 気になる今後の去就については、「そんなにたくさんの選択肢があるわけではないし、どこでどういう生活をしてサッカーを幸せに感じるかが大事だと思うので、いろいろな決める条件が自分の中にあるので、休んでから考えたいと思います」とコメント。

 そして、「ゆっくりする時間もあまりないし、6月から自主練が始まるので」と語り、「ブラジルに行ってロマーリオと2トップを組むのもいいかなと。オファーないかなと待ってますけど(笑)ロマーリオは僕のアイドルで、憧れの選手ですし、僕の1つ年上で復活してくれて…。僕が走ってロマーリオのゴールをアシストするのもやってみたいなと思います」と冗談を交えつつ、現役続行の意思を示していた。

 なお、三浦より1つ年上の元ブラジル代表のロマーリオは、自身で会長を務めるカンピオナート・カリオカ・セリエA2(リオデジャネイロ州2部)のアメリカFCで選手登録され、限定的に現役復帰している。

【【キング】三浦知良、57歳での現役続行を意欲!多くの選択肢はないが…】の続きを読む


三浦知良選手がプレーする姿を見るのは本当に楽しみです。いつまでも現役で活躍してほしいと思います。

1 冬月記者 ★ :2024/03/04(月) 01:50:32.64 ID:coLNSEp+9
https://news.yahoo.co.jp/articles/c53a869b59fc3b8a7d181f2f459045fd31feb35d

カズ「これが現実で、これがまたたまらない…」57歳 ポルトガルで現役 現在のサッカー観は

 サッカーのポルトガル2部オリベイレンセに所属する、キングカズこと三浦知良(57)が、3日放送の日本テレビ「サンデーPUSHスポーツ」(日曜後4・55)にVTR出演。現在のサッカー観について語る場面があった。

 番組では盟友・北澤豪氏がポルトガルを訪れ、カズの知られざる私生活に“密着”しインタビュー。

 57歳でも現役を貫くスターは、北澤氏に「ずっとやりきってる感じじゃないですか、いろんなことを。まだまだですか?」と問われると、「いやー。毎日疑問に思いながらやってるね。もっとできねえかなとかね。もっと試合に出てって常に思ってるね。悔しさとかさ、そういうのが多いですよ、やっぱり」と胸中を明かした。

 なかなか出場機会に恵まれない、現在のチームでの立ち位置。「“三浦、壁”“三浦、キーパーの前立て”…。サブチームだからさ、レギュラーチームに合わせて、やんなきゃいけないからさ」と“葛藤”を語り、

 「頭くるけど、これが現実で、これがまたたまらないとも思うのよ。諦めずにやる、そこまでの情熱が湧いてくるっていいじゃない」と続けた。それを聞いた北澤氏は「逆でしょ。普通は情熱湧かなくなりますよ。もういいかなみたいな。なんないとこが凄いよなあ」と感心した様子だった。

 北澤氏に「ここまでくると還暦っていう、ひとつの節目みたいなのが出てくるじゃないですか」と問われると、カズは「それはダメだなって思う。別に還暦が目標じゃないから。目の前の試合でゴールするという、サッカーの目標しかない」と言い切った。さらに「年の目標はないよ。何歳までやりたいですかっていったら、ずっとやりたい。70(歳)でも80(歳)でもやりたい」と語った。

 最後にカズにとってサッカーとは、と聞かれると「自分そのものですね」と即答。「そんなこと聞くなって感じですね、それがサッカー」と笑って答えていた。

【【サッカー】57歳の三浦知良、再びピッチでプレーしたい願望を吐露】の続きを読む


三浦知良は日本サッカーのレジェンドであり、彼が監督になることで若い選手たちに多くのことを教えてくれると確信しています。彼ならば、日本代表チームをさらなる成功に導いてくれるでしょう。

1 冬月記者 ★ :2024/02/17(土) 23:55:55.94 ID:e3mcFawj9
https://news.yahoo.co.jp/articles/79ed737b5ccec03f0ca9298f8a84acb6f0ce290a

サッカー日本代表の監督になって欲しいレジェンドランキング…3位本田圭佑、2位中田英寿を抑えた納得の1位は?


 2月14日、レアル・ソシエダの久保建英(22)がUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのパリ・サンジェルマン戦に先発出場。得意のドリブルで相手の脅威となるも、試合は2対0で敗れた。

 2月3日にイランに敗れ、アジアカップをベスト8で終えた日本だが、久保のほかにも代表メンバーが所属クラブで躍動している。ブライトンの三笘薫(26)は2月10日に行われたトッテナム戦に先発出場し、ドリブルから決定機を演出するなど存在感を発揮した。

 またリヴァプールの遠藤航(31)も2月11日のバーンリー戦に先発出場し、好パフォーマンスをみせた。

 世界トップレベルの選手たちを抱えながら、ベスト8で敗退してしまった日本代表。

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(66)は、2月2日のアジアカップ・イラン戦後に行われた会見で、森保一監督(55)の進退について聞かれ、「それについては全く考えていません」といい、続投を明言していたが、SNS上では解任を望む声もあがっていた。

 そこで本誌は、40~69歳の男性400人を対象に「サッカー日本代表の監督になって欲しいレジェンド」について投票を行った。その結果をランキング形式で発表する。


 まず、3位に選ばれたのは日本代表として、98試合に出場し、37ゴールの本田圭佑(37)。

 ’08年に代表デビューを飾ると、’10年のW杯南アフリカ大会では主力として活躍し、2ゴールを挙げ、決勝トーナメント進出に貢献した。’13年のW杯アジア最終予選・オーストラリア戦では同点となるPKを決めて日本をW杯本戦に導き、’14年に開催された本戦のコートジボワール戦で得点。’18年のロシア大会でもスーパーサブという立場で3試合に途中出場し、1ゴール1アシストを果たした。

 ’21年11月を最後にプロクラブには所属していないが、いまだ現役の本田。’22年のカターW杯では日本代表の試合中継の解説者を務め、その高いサッカー戦術眼をみせていた。

 代表以外でもACミランで10番を背負うなど、世界トップクラスでの経験や、また’18年から’23年までカンボジア代表の実質的な監督として活動していたことも評価されていた。

《世界のトップザトップを知っている人物。監督としての経験値はあまりないが期待したいし独特の発想を持っていそう。》
《監督業もやってるし、他にもいろいろしてるし、経験値があるから》
《サッカーに対する知識や技術、戦術など長けている才能があり、色々なことをチャレンジしてくれて日本サッカー界が活性化しそうだから》


 2位は日本代表として77試合に出場した中田英寿(47)。屈強なフィジカルとたぐいまれなパスセンスを武器に活躍した。

 ’97年に日本代表デビューを果たすと、瞬く間にレギュラーに定着。’98年のフランスW杯ではチームの主力として活躍し、’02年の日韓W杯では大黒柱として全試合に出場し、日本を初の決勝トーナメントに導いた。29歳のときに臨んだ’06年のドイツ大会でグループリーグ敗退し、その10日後に引退を発表した。

 サッカー選手を辞めてからは世界中を旅し、現在は実業家としても活躍する中田。

 ’01年に当時所属していたローマをリーグ優勝に導くなど、日本人で初めて欧州トップレベルの舞台でプレーしたパイオニアである中田の経験やカリスマ性が高く評価されていた。

《カリスマ性が有り、理論的。》
《世界を知っているから。》
《選手時代の実績が豊富だから。》


 1位に輝いたのは日本サッカーのキングこと三浦知良(56)。日本代表として89試合に出場し、55得点を決めている。

 ’86年にブラジルでプロサッカー選手としてのキャリアをスタートしたカズは、’90年から日本代表の主力として活躍。’93年にはドーハの悲劇を、’97年にはジョホールバルの歓喜をピッチ上で経験した。

 ’98年のフランスW杯本大会は、開幕8日前に代表から落選し出場は叶わなかったが、それ以降もサッカー選手として活動し、56歳になった今でも日本サッカー界の象徴として、グラウンドに立ち続けている。

 誰もが知る日本サッカー界のレジェンド・カズ。彼の生きざまが支持を集めた。

《誰もが認める》
《知名度もあり、カリスマ性もあるので。》
《一番日本代表の重みを知っていそうだから》

【【サッカー】なぜ本田圭佑や中田英寿を抑えた1位に選ばれたのか?】の続きを読む

このページのトップヘ