サッカーまとめラボ

毎日10記事更新中|サッカー関連国内外問わず|最新情報公開| 詳しくはブログ サッカーまとめラボへお越しください。|

ブンデスリーガ


トゥヘル監督との“建設的な話し合い”での退任ということは、双方にとって最善の選択だったのかもしれませんね。次の監督がチームに与える影響が楽しみです。

1 久太郎 ★ :2024/02/21(水) 19:18:08.75 ID:iERxSwCL9
バイエルンは21日、当初2024年6月30日までだったトーマス・トゥヘル監督との契約を2024年6月30日までとすることに合意したと発表した。

トゥヘル監督は2023年3月にバイエルン指揮官に就任し、2022-23シーズンにはブンデスリーガを制覇。しかし2023-24シーズン、ブンデスリーガでは直近2試合で連敗を喫して首位と勝ち点差8の2位に甘んじている。チャンピオンズリーグ(CL)でもラウンド16ファーストレグのラツィオ戦を0-1で落としていた。

そして、トゥヘル監督は今季限りでバイエルン指揮官を退任することが決定。このことについてクラブは「ヤン・クリスチャン・ドレーゼンCEOとトーマス・トゥヘル間の建設的な話し合いの結果」だと説明している。

この決定について、トゥヘル監督はクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。

「私たちは、今シーズン終了時に仕事上の関係を終えることに合意した。当然ながら、それまでは最大限の成功を果たすためにコーチングスタッフとともにできる限りのことを続けていくつもりだ」


https://news.yahoo.co.jp/articles/2b99e12aa166a1c4b8380a8b2973123fdd153a7c

【【サッカー】バイエルンの不調を受け、トゥヘル監督が今季限りで退任を決定】の続きを読む


長谷部誠の偉業には本当に感動しました。40歳でこのようなパフォーマンスを見せるなんて、まさに伝説ですね。これからも彼のプレーに注目したいと思います。

1 阿弥陀ヶ峰 ★ :2024/02/19(月) 09:58:17.42 ID:9t+3PJyL9
「彼の努力のおかげだ」“鉄人”長谷部誠、40歳30日で先発!ブンデス最年長出場記録の歴代9位に浮上で現地メディアも感服「トップ10で唯一の現役。追い越すチャンスがある」

現地時間2月18日に開催されたブンデスリーガ第22節で、長谷部誠が所属するフランクフルトが堂安律を擁するフライブルクとホームで対戦。壮絶な打ち合いの末に、3-3のドローに終わった。

ドイツメディア『SPORTSCHAU』によれば、この試合に先発した長谷部は、40歳と30日での出場となり、ブンデスリーガの最年長出場記録の9位にランクインした。

同メディアは「フライブルク戦の出場により、40歳のハセベはブンデスリーガの最年長選手10傑に加わった」と伝えている。

「16年前、ヴォルフスブルクはミッドフィールダーであり、日本代表でもある新加入選手を迎え入れた。ハセベはヴォルフスブルクに計5年間在籍したが、40歳となった現在もブンデスリーガでプレーしている。彼はリーグ史上9番目に古い選手となった」

記事は「ハセベには決まった習慣があり、筋肉をリラックスさせるために定期的に42度のお湯に浸かっている。彼は8時間の睡眠をとり、よく本を読む。彼にとって本は『心のトレーニング』だ。彼は人生の知恵について本を書き、日本でベストセラーになりました」と、長くプレーできる秘訣を紹介している。

また、『ONEFOOTBALL』も、「彼の努力のおかげで、日本人選手はブンデスリーガの最年長選手ランキングで順位を上げ続け、40歳30日でクラウス・ライトマイヤーを抜いて9位に浮上した」と報道。さらなるランクアップに期待を寄せた。

「ハセベは現在トップ10にランクインしている唯一の現役選手であるため、他の名前を追い越すチャンスがある。例えば、イェンス・レーマンは40歳と179日で7位、クラウディオ・ピサロは41歳と268日で4位となっている」

日本が誇る鉄人は、どこまで記録を伸ばせるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/9f888ca61e7724536d6da8691419677ace24471a

(出典 i.imgur.com)

 

【【サッカー】歴代9位現地メディアも感服!長谷部誠の驚異的なパフォーマンス】の続きを読む



(出典 www.football-zone.net)


ボーフムがバイエルンに逆転勝利するなんて、サッカーは本当に予測がつかないスポーツですね。
浅野拓磨の速攻からの千金弾には唸らされました。バイエルンの弱点を突いた良い試合だったと思います。11連覇中の絶対王者が逆転負けするなんて、なかなか見られない光景です。今後のリーグ戦がますます楽しみですね。

1 久太郎 ★ :2024/02/19(月) 04:30:26.47 ID:2Pvgbn6b9
ウパメカノはまさかの2戦連続退場
 現地時間2月18日に開催されたブンデスリーガ第22節で、浅野拓磨を擁する15位のボーフムは、2位のバイエルン・ミュンヘンとホームで対戦した。

【動画】浅野が大仕事!バイエルン相手に貴重なゴール

 開始14分、ゴレツカからペナルティエリア右でパスを受けたムシアラに、ニア上をぶち抜かれ、いきなり先制を許す。

 それでも38分に浅野が貴重な同点弾を叩き込む。カウンターからゴール前でパスを受けると、ワンタッチでペナルティエリア内に侵入し、右足を一閃。鋭い一撃をゴール左隅に突き刺し、カタール・ワールドカップに続いて、名手ノイアーの牙城を破る。

 29歳の日本代表FWはこれで今シーズンの公式戦7点目、リーグ戦では6点目となった。

 勢いに乗るホームチームはさらに44分、CKからケベン・シュロッターベックが豪快なヘッドで叩き込み、逆転に成功する。

 2-1で折り返すと、46分に浅野が抜け出し、ビッグチャンスを迎える。しかし、シュートを打つ前にキム・ミンジェにカットされたうえ、遅れてオフサイドの笛が鳴る。
 
 以降もリードを守り続けるなか、78分にウパメカノのファウルでPKを獲得。シュテーガーがきっちり決め、2点差とする。

 なお、この時のプレーでウパメカノは2枚目のイ*ーカードを受け、4日前に行なわれたチャンピオンズリーグのラツィオ戦(0-1)から2戦連続で退場となった。

 その後、87分に24ゴールで得点ランク首位のケインに1点を返されるも、それ以上の得点は許さず。浅野が躍動したボーフムが、3-2の逆転勝利を収めた。

 一方で、ブンデスリーガ11連覇中の絶対王者は、痛恨の公式戦3連敗。いまだ無敗で首位を快走するレバークーゼンとの勝点差は8に広がった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cad92936a9e8f3f410b38f9e14a4fc03383221e4

【【サッカー】衝撃!バイエルン、公式戦3連敗!ボーフムに逆転負け!浅野拓磨の活躍が光る】の続きを読む


福田師王選手のブンデスリーガ初出場、おめでとうございます!
日本人選手として3人目の快挙ですね。これからのプレーにますます注目が集まります。

1 久太郎 ★ :2024/01/28(日) 14:00:46.51 ID:aq3IBY2V9
<ブンデスリーガ:レーバークーゼン0-0ボルシアMG>◇第19節◇27日◇レーバークーゼン

 ボルシアMGのFW福田師王(19)がアウェーのレーバークーゼン戦に後半34分から出場し、リーグ戦にデビューした。

 2トツプの一角としてピッチに立った背番号49の福田は最前線で相手ボールを追った。首位チームに押し込まれ、敵陣に攻め入る機会は少なかったが、後半44分には敵陣左サイドでハイボールを頭で折り返し、味方がゴール前に進入した。

 自陣で激しくプレスを仕掛けるだけでなく、後半45分には味方の縦パスから最終ラインの背後へ抜け出した。相手DFに追い付かれてシュートまで持ち込めなかったが、見事にCKを獲得。守備の時間が長かったチームは一息つくことができた。

 ロスタイムを含めた約15分間の出場でスプリントは6回と、全力疾走を繰り返した。チームとして最後まで集中を切らすことなく、首位チームを相手に無失点で勝ち点1を得た。

 19歳の福田は昨年1月に鹿児島・神村学園高から加入し、今月セカンドチームからトップチームに昇格。日本選手が10代でドイツ1部リーグ戦デビューは、11-12年に19歳だったFW宇佐美貴史(バイエルン・ミュンヘン)、14-15年に18歳だったMF丸岡満(ドルトムント)に次いで3人目となった。過去の2人は10代での得点はなかったが、福田にはドイツ1部リーグ初となる日本選手10代ゴールが期待される。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b2be87a2dcf3c896136c6b24f8cf6b6ca8cea6a4

【【期待】ボルシアMG福田師王、日本人選手として史上3人目のブンデスリーガデビュー!】の続きを読む


ボルシアMGのトップチーム昇格、素晴らしいニュースですね!福田師王は技術的な面でも優れているだけでなく、チームメイトとの連携もすごく上手いんですよね。
これからの試合でどんなプレーを見せてくれるのか、楽しみにしています!

1 久太郎 ★ :2024/01/16(火) 21:04:49.39 ID:xRSJAU609
 ボルシアMGは16日に公式Xを更新し、セカンドチームでプレーするU-23日本代表のFW福田師王(19)がトップチームに昇格することを明かした。

【写真】福田師王がボルシアMGトップ昇格

 福田は神村学園高を卒業するとそのまま渡欧し、ボルシアMGに加入。4部相当のリーグ戦を戦うセカンドチームで、今シーズンここまで13試合5ゴール1アシストを記録している。

 ボルシアMGにはアジアカップを戦っているDF板倉滉が所属しており、ブンデスリーガでの共闘に期待がかかる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3d8238bcfa574e212b9cb495f2e140bde71ac676

【【サッカー】福田師王、念願のボルシアMGトップチーム昇格!】の続きを読む

このページのトップヘ