サッカーまとめラボ

毎日10記事更新中|サッカー関連国内外問わず|最新情報公開| 詳しくはブログ サッカーまとめラボへお越しください。|

ブライトン



1 牛乳トースト ★ ころころ :2024/07/24(水) 20:57:49.92 ID:YAq5yHWO9
『ブライトン・ジャパンツアー2024』で来日中のブライトンがJ1リーグの鹿島アントラーズと24日に国立競技場で対戦した。

初の来日を果たしたブライトンは、MF三笘薫がスターティングメンバー入り。三笘は腰の負傷により2023-24シーズン中の復帰を断念し、2024-25シーズンの開幕に向けて調整を進めてきたが、日本でのプレシーズンマッチで先発に名を連ねた。その他、DFヤン・ポール・ファン・ヘッケ、MFジェイムズ・ミルナー、FWダニー・ウェルベックらがスタメンに入っている。

一方で、鹿島はDF植田直通、MF柴崎岳、FW鈴木優磨らの主力がスタメンに並んだ。今月15日に加入が発表され、鹿島への帰還を果たしたMF三竿健斗が、復帰後初のスタメン入りを果たした。

立ち上がりはブライトンが敵陣深くまで攻め込む展開となり、右サイドのヤンクバ・ミンテがスピードで違いを見せる。一方、鹿島も師岡柊生が攻撃の起点となり、チャンスを作った。

時間の経過とともに、鹿島が敵陣でボールを支配する時間帯が長くなり、左サイドに流れた柴崎岳や土居聖真がテンポよくショートパスをつなぎ、攻撃を仕掛けた。ただ、ブライトンもボールを奪えばショートカウンターを繰り出し、13分には三笘がファーストシュート。しかし、これは相手選手に当たりゴールには至らなかった。

一進一退の攻防のなか、15分に試合が動く。再三スピードで違いを見せていたヤンクバ・ミンテが、左サイドから単独でカットイン。ドリブルでゴール前まで持ち込むと、冷静にフィニッシュし、ゴールネットを揺らした。ブライトンが先制に成功する。

得点が動いたあとは、こう着した展開となった。ブライトンは鹿島の4-4-2の守備ブロックを立ち位置の有利で崩しにかかるが、なかなか決定機までは持ち込めない。35分にはスルーパスに反応した三笘が味方にラストパスを供給し、決定機を迎えたが、早川友基が好セーブで得点を許さず。

前半はこのままブライトンが1点リードして終了。三笘は前半45分間プレーして、ハーフタイムに交代となった。

*記事全文は以下ソースにてご覧ください
2024/7/24 サッカーキング
https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20240724/1915106.html

【【サッカー】三笘復帰戦は前半のみ出場、17歳徳田誉が初得点】の続きを読む


三笘薫のサムネイル
三笘 (みとま かおる、1997年5月20日 - )は、神奈川県川崎市宮前区出身のプロサッカー選手。プレミアリーグ・ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。日本代表。 「三苫」と誤って表記されることがあるが、正しくは竹冠の「三笘」。兄は俳優、ファッションモデルの結木滉星。…
64キロバイト (7,592 語) - 2024年3月28日 (木) 14:02
腰痛はなかなか治りにくいですよね。無理せず、しっかり治してから復帰してほしいです。

1 おっさん友の会 ★ :2024/05/20(月) 09:58:29.97 ID:n/1aUebp9
サッカーのイングランド・プレミアリーグで、腰の負傷により長期離脱しているブライトンの三笘薫が19日、回復具合について「走ってはいるが、今すぐ試合ができる状況ではない」と明らかにした。ベンチ外だったマンチェスター・ユナイテッドとの今季最終戦後に取材に応じた。

月に離脱して今季絶望と診断された。「コンディションが上がってきたところでもったいなかったが、次のシーズンでどれだけできるかが大事」と受け止めた。

続きは日刊スポーツ(共同通信) 2024年5月20日9時50分
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/202405200000167.html

【【サッカー】三笘薫、腰痛で試合復帰のめど立たず 長期離脱が続く】の続きを読む


デ・ゼルビ監督の退任は予想外だった。三笘選手にとっても影響が出るかもしれないし、次に来る監督はどんな方なのか気になるな。

1 ゴアマガラ ★ :2024/05/19(日) 00:08:12.42 ID:05PTlSf09
ブライトンは18日、ロベルト・デ・ゼルビ監督が今季限りでクラブを去ることを発表した。

【最終順位表】ブンデスリーガ結果 | CL・EL権・残留争いの行方は…?

44歳のイタリア人指揮官のデ・ゼルビ監督はパレルモやベネヴェント、サッスオーロ、シャフタールなどを指揮した後、2022年夏にブライトン指揮官に就任。
アレクシス・マクアリスターやモイセス・カイセド、そして三笘薫らと共にプレミアリーグで躍進し、6位フィニッシュでクラブ史上初のヨーロッパリーグ出場権をもたらした。

しかし、マクアリスターやカイセドが移籍し、さらに欧州大会との二足の草鞋を履くことになった今季は苦戦。最終節を前に勝ち点48での10位と欧州大会出場権を逃し、昨季よりも下の順位でフィニッシュすることが決まっていた。

退任が決まったデ・ゼルビ監督は「ブライトンを離れることは非常に残念だ。だが、歴史的な2シーズンを過ごし、
選手とスタッフが素晴らしいファンのサポートを受けて成し遂げたことを誇りに思う。今、退団を決めることで、将来のことを決める前に少し休む時間をつくりたかった」と感謝を伝えた。

なお、ブライトンは19日のプレミアリーグ最終節でホームにマンチェスター・ユナイテッドを迎える。

https://news.yahoo.co.jp/articles/59718515cf953cdb226ab88611875ed34ce41097

【【衝撃】ブライトンの指揮官デ・ゼルビ監督が退団】の続きを読む


三笘薫の怪我は本当に残念です。日本代表の中心選手が長期離脱することになるとは。早く回復してまたピッチでプレーしてほしいです。

1 冬月記者 ★ :2024/02/28(水) 01:42:12.46 ID:J+0MoR9k9
https://news.yahoo.co.jp/articles/6f48971acee9f02ca105d1212c0b51404c4f6dae

三笘薫 腰痛で今季絶望…日本代表にも大打撃 デゼルビ監督「2~3か月かかると思う」


 イングランド・プレミアリーグのブライトンに所属する日本代表MF三笘薫(26)は、今季中に復帰することが絶望的となった。ロベルト・デゼルビ監督が27日に明らかにした。

 クラブの公式ホームぺージによると、指揮官は28日のFА杯5回戦・ウルバーハンプトン戦に向けた前日会見で三笘について言及。

 「腰の故障だ。重要な問題だ。2~3か月かかると思う」と語り、今季の残りを棒に振ることになるだろうと厳しい見通しを示した。

 三笘は18日のシェフィールド・ユナイテッド戦で、腰の痛みで後半途中に交代。1―1の引き分けだった24日のホーム・エバートン戦ではベンチ外で、デゼルビ監督は「三笘がいないのは問題だ。水曜(28日)に三笘がプレーできるかどうかは、わからない」と話し、復帰の見通しが立っていないことを示唆していた。

 これにより、3月21日(国立)と同26日(平壌)に予定される日本代表の2026年北中米W杯アジア2次予選・北朝鮮戦への参加も絶望的に。森保ジャパンにとってもエースの離脱は大きな痛手となりそうだ。

【【サッカー】三笘薫、腰の故障で今季絶望…日本代表のバイタリティ不足に懸念】の続きを読む


ブライトンの勝利も素晴らしいですが、三笘薫のプレーが光っていました。今後の活躍が楽しみですね。

1 久太郎 ★ :2024/02/19(月) 01:02:24.87 ID:2Pvgbn6b9
現地時間2月18日に開催されたプレミアリーグ第25節で、9位のブライトンは、最下位に沈むシェフィールド・ユナイテッドと敵地で対戦した。

【動画】あまりに悪質!三笘が悶絶したホルゲイトのタックル。OFRの末、一発レッドに

 ブライトン復帰戦となった前節のトッテナム戦(1-2)に続いて先発した三笘は開始13分、敵DFホルゲイトの悪質なタックルを左膝に受ける。怪我が心配されたが、メディカルスタッフのチェックを経て、ピッチに戻る。このプレーでホルゲイトは一発退場となった。

 数的優位となったアウェーチームは、20分に先制点をゲット。グロスのCKをファーでダンクが折り返すと、ブオナノッテが上手く押し込んだ。

 さらにその4分後、三笘のボレーシュートをGKフォダリンガムが弾いたところを、ウェルベックがきっちり詰め、一気にリードを広げる。

 状態の良さを感じさせる日本代表MFは、29分にも切れ味鋭いドリブルで相手を手玉に取り、ペナルティエリア左を完全に攻略。ビッグチャンスを創出するが、惜しくも得点には繋がらない。

 前半終了間際の44分には、CKからネットを揺らされるが、オフサイドで無効に。2-0のまま後半に入ると、61分に三笘が再び左サイドをえぐり、ゴールを脅*。

 なおも攻撃の中心として存在感を放つ三笘は、74分に左足で鋭いクロスを送り込むと、必死にクリアを試みた敵DFロビンソンがオウンゴール。3点目を演出したところで、アンス・ファティと代わり、お役御免となった。

 その後、コートジボワール代表としてアフリカネーションズカップを優勝して帰ってきたアディングラの2ゴールも生まれ、ブライトンは結局5-0でシェフィールドに大勝。圧巻のゴールラッシュで、2試合ぶりの勝利を収めた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8ed5ce4b54b590cf46516a776d6d51cc406776dd

【【サッカー】三笘薫が一発レッド&OG誘発!ブライトン、最下位シェフィールドに5-0大勝】の続きを読む

このページのトップヘ