サッカーまとめラボ

毎日10記事更新中|サッカー関連国内外問わず|最新情報公開| 詳しくはブログ サッカーまとめラボへお越しください。|

ブライトン


三笘薫の怪我は本当に残念です。日本代表の中心選手が長期離脱することになるとは。早く回復してまたピッチでプレーしてほしいです。

1 冬月記者 ★ :2024/02/28(水) 01:42:12.46 ID:J+0MoR9k9
https://news.yahoo.co.jp/articles/6f48971acee9f02ca105d1212c0b51404c4f6dae

三笘薫 腰痛で今季絶望…日本代表にも大打撃 デゼルビ監督「2~3か月かかると思う」


 イングランド・プレミアリーグのブライトンに所属する日本代表MF三笘薫(26)は、今季中に復帰することが絶望的となった。ロベルト・デゼルビ監督が27日に明らかにした。

 クラブの公式ホームぺージによると、指揮官は28日のFА杯5回戦・ウルバーハンプトン戦に向けた前日会見で三笘について言及。

 「腰の故障だ。重要な問題だ。2~3か月かかると思う」と語り、今季の残りを棒に振ることになるだろうと厳しい見通しを示した。

 三笘は18日のシェフィールド・ユナイテッド戦で、腰の痛みで後半途中に交代。1―1の引き分けだった24日のホーム・エバートン戦ではベンチ外で、デゼルビ監督は「三笘がいないのは問題だ。水曜(28日)に三笘がプレーできるかどうかは、わからない」と話し、復帰の見通しが立っていないことを示唆していた。

 これにより、3月21日(国立)と同26日(平壌)に予定される日本代表の2026年北中米W杯アジア2次予選・北朝鮮戦への参加も絶望的に。森保ジャパンにとってもエースの離脱は大きな痛手となりそうだ。

【【サッカー】三笘薫、腰の故障で今季絶望…日本代表のバイタリティ不足に懸念】の続きを読む


ブライトンの勝利も素晴らしいですが、三笘薫のプレーが光っていました。今後の活躍が楽しみですね。

1 久太郎 ★ :2024/02/19(月) 01:02:24.87 ID:2Pvgbn6b9
現地時間2月18日に開催されたプレミアリーグ第25節で、9位のブライトンは、最下位に沈むシェフィールド・ユナイテッドと敵地で対戦した。

【動画】あまりに悪質!三笘が悶絶したホルゲイトのタックル。OFRの末、一発レッドに

 ブライトン復帰戦となった前節のトッテナム戦(1-2)に続いて先発した三笘は開始13分、敵DFホルゲイトの悪質なタックルを左膝に受ける。怪我が心配されたが、メディカルスタッフのチェックを経て、ピッチに戻る。このプレーでホルゲイトは一発退場となった。

 数的優位となったアウェーチームは、20分に先制点をゲット。グロスのCKをファーでダンクが折り返すと、ブオナノッテが上手く押し込んだ。

 さらにその4分後、三笘のボレーシュートをGKフォダリンガムが弾いたところを、ウェルベックがきっちり詰め、一気にリードを広げる。

 状態の良さを感じさせる日本代表MFは、29分にも切れ味鋭いドリブルで相手を手玉に取り、ペナルティエリア左を完全に攻略。ビッグチャンスを創出するが、惜しくも得点には繋がらない。

 前半終了間際の44分には、CKからネットを揺らされるが、オフサイドで無効に。2-0のまま後半に入ると、61分に三笘が再び左サイドをえぐり、ゴールを脅*。

 なおも攻撃の中心として存在感を放つ三笘は、74分に左足で鋭いクロスを送り込むと、必死にクリアを試みた敵DFロビンソンがオウンゴール。3点目を演出したところで、アンス・ファティと代わり、お役御免となった。

 その後、コートジボワール代表としてアフリカネーションズカップを優勝して帰ってきたアディングラの2ゴールも生まれ、ブライトンは結局5-0でシェフィールドに大勝。圧巻のゴールラッシュで、2試合ぶりの勝利を収めた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8ed5ce4b54b590cf46516a776d6d51cc406776dd

【【サッカー】三笘薫が一発レッド&OG誘発!ブライトン、最下位シェフィールドに5-0大勝】の続きを読む


この抱擁を見て、サッカーの力って本当に素晴らしいなと思いました。国籍やライバル関係に関係なく、試合が終わった後に相手を抱きしめる姿は、スポーツの魅力の一つですよね。

1 尺アジ ★ :2024/02/11(日) 21:47:17.75 ID:aGp5IdAU9
ブライトンのサッカー日本代表MF三笘薫は10日(日本時間11日)、プレミアリーグ第24節トッテナム戦に先発フル出場。試合は1-2で逆転負けを喫した。

■ゴールならずも決定機作る
アジアカップからの初陣となった三笘は先発起用されると、左サイドで好機を演出。

前半29分には相手ゴールを陥れるアウトサイドを放つと、後半に入った76分にもアンス・ファティへのアシスト未遂となるラストパスで好機を演出した。

そんな三笘だが、試合後話題を集めたのが、トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンとの交流。『J.League Insider』のブラジル版が両者の抱擁シーンを公開し、「アジアカップで実現しなかった出会いがプレミアリーグで起こっている」とつづられている。

※続きは以下ソースをご確認下さい

2024.02.11
SPREAD

https://spread-sports.jp/archives/254654

【【サッカー】三笘薫とソン・フンミンの感動的な抱擁が話題!“日韓エース”の交流にファン歓喜】の続きを読む


三笘薫選手が初の練習フル合流したことを知り、ホッとしました。
彼のスピードとテクニックは日本代表にとって貴重ですし、彼がプレーする姿を見ることができるのはファンにとってもうれしいですね。

1 冬月記者 ★ :2024/01/26(金) 23:16:52.37 ID:FLDRXL709
https://news.yahoo.co.jp/articles/1e9c60b717808c04649b6be43fe726fb28399aec

三笘薫が初の練習フル合流!決勝T初戦に間に合った「もちろん出る気持ちでいる」


 左足首の負傷でグループリーグ3試合を欠場した日本代表MF三笘薫(ブライトン)が、決勝トーナメントに間に合った。

 チームはグループリーグ第3戦インドネシア戦(○3-1)を終えて1日オフを取り、26日から練習施設で再始動。三笘は今合宿で初めてフルメニューに合流し、6対6のミニゲームでは激しい対人練習もこなした。

 練習後の取材対応では「問題ない。しっかりとスタッフと一緒に(状態を)上げてきたし、しっかりと入れると思う」と宣言。出場にゴーサインを示した。

 静かな口調の中にも気迫が宿っていた。「決勝トーナメントは一発勝負なので負けたら終わり。もちろん自分も出る気持ちでいる。心も身体も整ってきていると思う」。

 昨年末にプレミアリーグで負った左足首の負傷により、ここまでグループリーグ3試合はベンチ外。それでも「予選(GL)で行ければ、よかったけど順調だと思う」と状態は万全。31日のバーレーン戦に向けて最終調整に入る構えだ。

 インドネシアを2日後に控えた22日のトレーニングではピッチに姿を現さずに室内調整。回復状況に懸念が生じていた。それでも三笘によればアクシデントではなく、想定どおりの調整プログラムだった様子。

 この日は接触プレーで一時倒れ込む場面もあったが、その後も練習を続け、状態を問う報道陣の質問にも「大丈夫です」と言い切った。

 日本はD組を2位で通過し、決勝トーナメント初戦の相手はバーレーンに決定。ラウンド16では日韓戦も想定されていたため、少しばかりの楽観ムードも漂う。

 それでも三笘は「優勝するためにはどことも戦わないといけない」と意に介さず、「バーレーンも強いと思うのでしっかり分析して戦えれば」と決意を語った。

 ここまでの日本は強力な攻撃陣が相手に対策され、守備ブロックを攻めあぐねる場面が続いており、連係面での試行錯誤が続いている。だが、本来の強さを見せるためには複数の崩しだけでなく、相手の対策を上回る三笘のような“個”の存在も欠かせない。そのことは三笘自身も強く自覚している。

 「1対1、1対2でも仕掛けに行く姿勢を見せることでチームとして行かないとという気持ちになると思うし、数的不利でもマークがズレればビルドアップやカバーで助かる部分もあると思う」。そうした役割を果たした上で、狙うは得点に関わる結果だ。

 「求められることはサイドでの打開と、得点、アシストだと思う。ボールを持った時に違いを見せられれば」。一発勝負の決戦へ。ついに準備が整った。

【【アジア杯】三笘薫が決勝トーナメント初戦で復帰!快方に向かう怪我からの復活に期待】の続きを読む


三笘薫の左足首の怪我からの回復は、素晴らしいニュースだ。彼はチームの中で主力選手の一人であり、彼のスキルと経験はまさに戦力となるはずだ。
彼の戦列復帰によって、チームはさらに強化され、1次リーグでの勝利に近づくことができるだろう。

1 ゴアマガラ ★ :2024/01/21(日) 19:34:12.10 ID:iMTH0ehv9
【ドーハ(カタール)20日=ペン・星野浩司、カメラ・今成良輔】3大会ぶり5度目の優勝を目指す日本代表は、1次リーグ(L)第3戦のインドネシア戦(24日)に向けて練習を行った。
左足首の負傷から復帰を目指すMF三笘薫(26)=ブライトン=が今合宿で初めて対人プレーとドリブルを解禁。イラクに敗れて首位突破が消滅し、2位通過がかかる次戦での復帰を目指す。

復活に向けてギアを一段上げた。三笘は5日のドーハ入り後、全体練習で初めて対人プレーとシュート練習を解禁。先月下旬に負傷した左足首の不安は感じさせなかった。その後、強度の高いゲーム形式は外れたが、
別メニューでスピードに乗ったキレ味鋭いドリブルでカットインしてスタッフを抜き去り、右足で強烈なシュートを決める一幕も。中東の強い日差しの中、気持ち良さそうに汗を流した。

 当初から見据えたのは、インドネシア戦で途中出場を含めて戦列復帰し、決勝トーナメント(T)で先発も視野に本格復帰するプランだ。12日には「(状態は)良くなってる。1次リーグの中で入れればベスト」、16日には「予定通り」と段階を踏んできた。
その中で、自身が欠場したイラク戦で黒星。1次L突破へ黄信号がともる日本の救世主として、インドネシア戦でピッチに立つ可能性が高まった。

左ウィングのライバル、中村が出場5戦連発中と好調。「1試合1点以上決めるのは僕にはできないこと。見習わないと」と刺激を受けている。中村が高いシュート精度を誇るフィニッシャータイプなら、
三笘はサイドの1対1で抜ききるドリブル突破が武器。右の伊東と両翼を形成すれば相手に大きな脅威となる。

全文はソースで
https://hochi.news/articles/20240120-OHT1T51252.html?page=1

【【アジア杯】左足首回復の好調報告!三笘薫、インドネシア戦でプレーする準備万端】の続きを読む

このページのトップヘ