サッカーまとめラボ

毎日10記事更新中|サッカー関連国内外問わず|最新情報公開| 詳しくはブログ サッカーまとめラボへお越しください。|

サッカー


GKポープの退場が大きな影響を与えた試合だったと感じます。しかし、次に向けてしっかりと準備をして、来年こそはアジア制覇を果たしてほしいと思います。

1 久太郎 ★ :2024/05/26(日) 03:21:01.04 ID:XBuG/UI59
[5.25 ACL決勝第2戦 アルアイン 5-1 横浜FM ハッザビンザイード]

 横浜F・マリノスは25日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦でアルアイン(UAE)と対戦し、1-5で敗れた。第1戦の1点リードを前半33分までにひっくり返され、同40分にFWヤン・マテウスのゴールで追いついたが、前半終了間際にGKポープ・ウィリアムが一発退場。10人で迎えた後半に3点を勝ち越され、2戦合計スコア3-6で史上初のアジア制覇を逃した。

 アジア王座をかけた敵地での最終決戦。第1戦を2-1で制した横浜FMはベストメンバー布陣で乗り込み、3トップにFWエウベル、FWアンデルソン・ロペス、FWヤン・マテウスを並べた。また負傷者が続発していた最終ラインでは決勝第1戦で足首を痛めたDF畠中槙之輔が復帰。出場停止明けのDF上島拓巳とCBコンビを組んだ。

 試合は立ち上がりから大きく動いた。まずは前半9分、横浜FMは畠中のクリアをMFヤヒア・ナデルに拾われ、ワンタッチスルーパスからカウンターを許すと、FWソフィアン・ラヒミとナデルのトリッキーなパス交換でゴール前を崩され、ラヒミに決められ失点。早々に第1戦のリードを帳消しにされた。

 さらに前半28分、DFバンダル・アルアフバビのスルーパスからラヒミに抜け出され、畠中が背走対応を強いられると、ペナルティエリア内での接触によりラヒミが転倒。主審は一度、ラヒミにシミュレーションによるイ*ーカードを提示したが、VARが介入した結果、PKに判定が覆り、これをFWアレハンドロ・ロメロに決められて0-2とされた。

 2戦合計スコアでひっくり返された横浜FMも前半40分、敵陣に流れたボールにヤン・マテウスが猛烈なプレッシャーをかけ、DFクアム・クアディオから奪ってそのままゴール前へ。最後は鋭い切り返しで利き足の左に持ち出すと、強烈なシュートでゴールを破り、2戦合計スコア3-3の同点とした。

 ところが前半アディショナルタイム10分、横浜FMは痛いアクシデントに襲われた。局面でのぶつかり合いが続いた後、A・ロメロのスルーパスからラヒミに抜け出されると、GKポープ・ウィリアムがペナルティエリア外で倒して一発退場。エウベルに代わってACLデビューのGK白坂楓馬が投入され、10人で戦うことを強いられた。

 後半は4-4-1のシステムで守る横浜FMがアルアインの攻撃を冷静に耐え、危なげなく時間を進めるが、相手がエースFWコジョ・ラバを投入してきた直後の後半15分にまたしても痛いアクシデント。畠中が膝を痛めてプレーを続けることができなくなり、MF喜田拓也とともに交代し、DFエドゥアルドとMF山根陸がピッチに送り込まれた。

 そうして迎えた後半22分、横浜FMが再びビハインドに追い込まれた。第1戦は欠場していたラバのポストプレーに対応できず、深い位置まで押し込まれると、左からのクロスは上島がダイビングヘッドでクリアし。だが、こぼれ球を拾ったラヒミにDF永戸勝也がかわされ、左足シュートを突き刺された。

 さらに後半31分、横浜FMはラヒミの縦パスをA・ロメロにつながれ、最後はラバにヒールで押し込まれたが、これはオフサイドで命拾い。同34分、最後の交代カードでヤン・マテウスに代わってFW宮市亮を入れ、4-3-2のシステムで大勝負に出た。

 だが、その後はアルアインに時間を使われ、なかなか攻撃に出られずにいると、後半アディショナルタイム1分にアルアインがダメ押し。相手のスルーパスを処理しようとした白坂の足の間をボールがすり抜け、ラバに無人のゴールに流し込まれた。アルアインは同6分にもラバのゴールを重ね、そのままタイムアップ。来季からAFC新大会が組まれている中、現行ACL最後のトロフィーはアルアインが掲げた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/acf0f662b985e57560de3554fb4572e67ba74a60

【【サッカー】横浜FM、ACL決勝でGKポープ退場…10人奮闘も大量5失点で敗北】の続きを読む


森保ジャパンのW杯アジア2次予選メンバーが発表されたんですね!これからの試合が楽しみです。頑張れ日本代表!

1 阿弥陀ヶ峰 ★ :2024/05/24(金) 14:19:56.06 ID:1eOCFRaS9
日本サッカー協会は24日、6月の26年W杯アジア2次予選の2試合に臨む日本代表メンバーを発表した。6日にアウェーでミャンマー代表と、11日にエディオンピースウイング広島でシリア代表と対戦する。

日本代表は2次予選4試合を戦い無傷の4連勝で、すでに突破を決めている。

【GK】

前川黛也

大迫敬介

谷 晃生

【DF】

長友佑都

谷口彰悟

町田浩樹

板倉 滉

冨安健洋

伊藤洋輝

橋岡大樹

菅原由勢

【MF/FW】

遠藤 航

南野拓実

守田英正

鎌田大地

相馬勇紀

小川航基

前田大然

旗手怜央

堂安 律

上田綺世

田中 碧

川村拓夢

中村敬斗

久保建英

鈴木唯人

(出典 i.imgur.com)

https://news.yahoo.co.jp/articles/a1fc8f8279d4a8364279204bcf192a31b4c2b441

【【サッカー】森保ジャパンがW杯アジア2次予選メンバーを発表!】の続きを読む


「ちいかわ」とJリーグのコラボは最高だ!J1のクラブごとにデザインされたグッズがどれも魅力的で、何個買おうか迷ってしまうほどだ。

1 ゴアマガラ ★ :2024/05/22(水) 22:41:15.73 ID:hr82+Wuo9
Jリーグは22日、イラストレーター・ナガノ氏が描く人気作品「ちいかわ」とのコラボレーション企画「ちいかわ×Jリーグ」を発表した。

「ちいかわ」は、イラストレーターのナガノ氏がX(旧Twitter)に投稿している漫画作品。ちいかわたちが繰り広げる、楽しくて、切なくて、ちょっとハードな日々を描いた物語。
2020年からXで投稿されており、大人から子どもまで幅広い人気を博し、フォロワーは300万人を突破 。日本キャラクター大賞2022グランプリを受賞した。

今回のコラボ企画ではコラボ限定のオリジナルデザインを使用したオリジナルコラボグッズの販売を7月下旬に「J.LEAGUE ONLINE STORE」にて開始予定のほか、
全国各スタジアムや国立競技場でのコラボイベントなども予定している。なお、コラボレーションするのは、J1の全20クラブとなる。

また、8月24日(土)に国立競技場で開催が予定されている明治安田J1リーグ第28節の横浜F・マリノスvsセレッソ大阪では、オリジナルの特典がセットになった「ちいかわ×Jリーグ応援シート」の販売や、
ちいかわたちの姿を見ることができるコラボイベント・フォトスポットの設置、コラボ限定のオリジナルデザインを使用したオリジナルコラボグッズの販売を予定している。

「ちいかわ×Jリーグ応援シート」は6月2日(日)の12時から優先販売が開始。一般販売は6月6日(木)の12時からとなっており、なくなり次第終了となる。価格は5500円(税込)で、
座席はメインスタンド3層となる。特典は「THE国立DAY×ちいかわ オリジナルタンブラー」となる。

https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=465327
https://pbs.twimg.com/media/GOJob1MaoAAEOBy?format=jpg

【【サッカー】Jリーグと「ちいかわ」のコラボが実現!J1クラブとのオリジナルグッズが登場】の続きを読む


三笘薫のサムネイル
三笘 (みとま かおる、1997年5月20日 - )は、神奈川県川崎市宮前区出身のプロサッカー選手。プレミアリーグ・ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。日本代表。 「三苫」と誤って表記されることがあるが、正しくは竹冠の「三笘」。兄は俳優、ファッションモデルの結木滉星。…
64キロバイト (7,592 語) - 2024年3月28日 (木) 14:02
三笘薫選手と愛妻の写真を見て、ほっこりした気持ちになりました。幸せな家庭を築いている姿が素敵ですね。

1 jinjin ★ :2024/05/21(火) 23:53:44.57 ID:n5kPfQfC9
三笘薫、誕生日に愛妻初公開が反響拡大 顔出しに「すごく推せる」「びっくりした」


イングランド1部ブライトンの日本代表MF三笘薫は、27歳の誕生日を迎えた5月20日に自身のインスタグラムで夫人との2ショットを初公開した。

タイミングなども含めて、ファンの間でも大きな反響を呼んでいる。


ブライトンは5月19日、プレミアリーグ最終節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦。0-2で敗れたなか、ホームで行われた最終戦のセレモニーではベンチ外だった三笘も夫人とともに登場した。

三笘は夫人とともにピッチを周回。三笘がインタビューに応じる際には夫人が数歩下がって配慮するシーンは注目を集めていた。

そのなかで、三笘は27歳の誕生日を迎えた5月20日にインスタグラムを更新。

「今シーズンもご声援ありがとうございました。怪我の影響で難しいシーズンとなりましたが、ヨーロッパリーグなど素晴らしい経験もできました。そして最高のコーチや選手たちと戦う機会に本当に感謝しています。今日で27歳になりました。すべてに感謝します」と英語で綴り、スタジアム、自身が拍手を送るシーン、そして初公開となる夫人の“顔出し”2ショットを添えた。


シーズン終了後に迎えた自身の誕生日に夫人の初公開となったこともあり、SNS上では「奥さんとのツーショットあげないタイプだと思ってたからびっくりした」「お似合いですね~!」「誕生日に奥さんとのツーショ載せてるのすごく推せる」「三笘がSNSで奥さんとの写真載せるの初めて?」「相変わらず素敵な夫婦」などと反響を呼んでいた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/c0ba64de75a26764d6ca492f7b3fbae5e842bdda

(出典 i.imgur.com)

【【サッカー】三笘薫の妻がついに顔出し!「すごく推せる」と話題に!】の続きを読む


「過去最高の売上高ということで、Jリーグがますます成長していることが分かりますね。これからもさらなる発展が期待されます!」

1 阿弥陀ヶ峰 ★ :2024/05/21(火) 19:02:01.67 ID:FNFYwVs29
Jリーグは5月21日に理事会を実施し、その後に記者会見およびクラブ経営情報を開示した。決算期の関係で柏レイソルと湘南ベルマーレを除いた2023年の売上高は過去最高の1445億円となり、新型コロナウイルスの影響のあったシーズン前の水準あるいはそれ以上の数字が並んだ。

Jリーグからは売上高がJ1からJ3の58クラブ合計で過去最高の1445億円となり前期比111%、43クラブが増収だったとされ、入場料収入は前期比138%となり2019年との比較でも110%でコロナ前の状況に回復したとしている。そして、J1、J2の89%のクラブが増収となり、浦和レッズは100億円を超えたとした。これは、19年にヴィッセル神戸が記録した約114億円に次ぐ数字だという。

また売上原価なども増加し、トップチーム人件費が607億円(前期比104%)と増加していることから、「増加した売上がチーム強化に投資されている」とJリーグでは評価していた。

その売上高成長率が最も高いのが藤枝MYFCの99%で、FC町田ゼルビアの78%と下部カテゴリーからの昇格が関係したクラブが並んだ。また、会計的な増加が最も多かったのは浦和の約22億5700万円だった。

また、クラブライセンス制度によるコロナ禍の特例期間が終了し、今年は猶予期間となり「債務超過が解消されていなくても良いが、前年度より債務超過額が増加してはいけない」、「新たに債務超過に陥ってはいけない」、「3期連続赤字のカウントをスタートする」タイミングになるとしている。今後、シーズン移行が控えているだけにその3期連続のカウントの仕方など細部が関わってくるが、Jリーグは「クラブが不利益を被らないようにする」とした。

一時はスタジアムから歓声が失われる時期を過ごしたJリーグだが、その賑わいが戻り全体的な成長が見られる結果になっている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/b733e78d3d05ae43eb7215d83e5f94b0fe0f03be

(出典 i.imgur.com)

【【サッカー】Jリーグ、23年度の売上高が過去最高の1445億円!売上111%増の衝撃】の続きを読む

このページのトップヘ