サッカーまとめラボ

毎日10記事更新中|サッカー関連国内外問わず|最新情報公開| 詳しくはブログ サッカーまとめラボへお越しください。|

サッカー日本代表


宮本新会長のコメントは、過去の日本代表の苦い経験からくるものかもしれませんが、最近の選手たちの活躍を見ているとそうとは言えない部分もありますね。

1 冬月記者 ★ :2024/04/03(水) 08:46:40.25 ID:NJpkm8a19
https://news.yahoo.co.jp/articles/e3a84dda70ddf6e3be75c7aad48332ec087778d8

《日本人はここぞの時に120%出すことが下手》というJFA宮本新会長の意見は正しいか 遠藤航らの活躍やカタールW杯がそうではないことを証明している


 JFA新会長に就任した宮本恒靖氏が、先日テレビ朝日『報道ステーション』にゲストとして登場した。

 サッカー解説などで活躍する元日本代表の内田篤人氏も同席し、「新会長に聞く 日本サッカーの未来」と題し、トークが繰り広げられた。

 番組内では内田氏が、会長に対し様々な質問を投げかけた。そのなかで、内田氏がヨーロッパでもプレイした経験を持つ宮本会長に、ヨーロッパで活躍する選手と日本の選手の違いという一見単純な質問を投げるシーンがあった。

 宮本会長は戦術理解やフィジカルなどのサッカーの技術的要素ではなく、日本人のある特徴を改善するべきだと答えた。

「海外の選手は、例えば90分の練習の中で50%でずっとやっていても、例えばメンバーを決めるような紅白戦の中では100%、120%出せる。パワーを出せる瞬間が日本人は下手というか苦手。そういう力をぜひ身につけてもらいたい。“ここ”というときのアウトプット」

「日本人の力の出し方は、どちらかというと80%で1日のトレーニングをこなすのは得意。ただ100%、120%を出すのがまだ苦手なのではないかと思う」


 常に真面目に一生懸命できるのが日本人の特徴であるとは、よく言われることだ。ビッグクラブで活躍している遠藤航や冨安健洋を見ても、堅実で真面目な面が評価されているのもわかる。しかし本当に今の日本人選手は、ここぞの場面で全力を発揮することが苦手だと言えるだろうか。

 例として思い出されるのは一昨年のカタールW杯、ドイツ、スペインを倒したジャイアントキリングだ。優勝候補とも思われた強豪国をどちらも倒し、E組を首位で抜け出すなど誰が予想しただろうか。浅野拓磨や堂安律らのゴールは、そしてあの勝利は120%の力を本番で発揮したからこそ得られたものではなかったか。

 また、現在は宮本会長がザルツブルクでプレイしていた時代と異なり、日本人がビッグクラブでプレイすることも珍しくなくなった。

 リヴァプール遠藤航は先日のカラバオ杯決勝でも120分を戦い抜き、タイトルを手にしたばかり。あの試合の遠藤はまさしくチームを引っ張るような堂々としたパフォーマンスを見せていた。そしてプレミアリーグを見ても今や確固たるレギュラーとしてチームの中心にいて、多大なプレッシャーのなか世界最高のリーグで優勝争いを繰り広げている。

 ある種の“おとなしさ”というのは確かに日本人のDNAのなかにはあるのかもしれない。しかし、そんなステレオタイプな日本人選手像を超越するようなプレイを見せる選手たちが躍動しているのも事実だ。

 宮本会長には日本サッカーの舵取り役として、今の選手たちの資質を見誤ることなく正しい方向に導いてくれることを期待したい。

【【サッカー】宮本新会長の発言に反論!遠藤航らが示す日本人選手の真の力】の続きを読む


広島でのシリア戦、楽しみですね!広島の熱いサポーターたちとともに、日本代表の勝利を祈って応援しましょう!

1 阿弥陀ヶ峰 ★ :2024/04/01(月) 20:00:57.76 ID:dq/YTG8R9
日本サッカー協会は1日、6月11日に行われる2026年ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のシリア戦の試合会場がエディオンピースウイング広島に決まったと発表した。キックオフ時間は未定。

6月6日にはアウェーでミャンマーと対戦する。日本はB組2位以内を確定させ、最終予選への進出を決めている。

(出典 i.imgur.com)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b7357f22afc1f10b83ddd913f8b8213b7484d585

【【サッカー】日本代表が広島でシリアと対戦、どちらが勝利するか?】の続きを読む


「日本の最終予選進出が決定して良かったですね!北朝鮮戦が中止となったのは残念ですが、チームは前進していると感じます」

1 阿弥陀ヶ峰 ★ :2024/03/30(土) 16:53:14.48 ID:6XaQcVKW9
3月26日に平壌で開催予定だった『FIFAワールドカップ2026・アジア2次予選兼AFCアジアカップサウジアラビア2027予選』の朝鮮民主主義人民共和国代表(北朝鮮代表)対日本代表が中止となったことを受け、FIFAの規律委員会は同一戦を没収試合にすると決定。日本の3-0勝利として扱うこととなった。

北朝鮮側の申し出により急きょ、中止となった北朝鮮代表対日本代表の一戦について、30日、FIFA規律委員会の裁定が下った。同試合は0-3で北朝鮮の敗戦とし、没収試合となることが正式決定。この結果、日本は6月の2試合を残して、最終予選に進出することが決まった。

 この件じついて、JFAの宮本恒靖会長は「3月26日に平壤で試合が行われなかったことについて、日本時間の本日未明に FIFA規律委員会の決定内容を受け取りました。この試合の取り扱いに関するステイタスが更新されたことは良かったと思います。ワールドカップ予選突破に向けて、森保監督やスタッフ、選手たちには引き続き良い準備をして試合に臨んでほしいですし、JFAとしてもしっかりとサポートをしていきます」とのコメントを発表。

日本代表の森保一監督も、「没収試合で日本の勝利という結果の通知を聞きました。選手たちの大切な出場機会が失われたことに変わりありませんが、一つ前に進んだとポジティブに捉えています。当然この結果に満足することなく、6月の代表活動、最終予選、ワールドカップ本番へと力を積み上げていきたいと思います」と自身の考えを発表している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/392da7368769338f37bf27b7be14312f89924849

【【サッカー】森保ジャパン、W杯予選進出決定!北朝鮮戦は没収試合に】の続きを読む


佐藤恵允と田中聡の活躍で素晴らしい勝利を収めたU-23日本代表、パリ五輪出場への希望が膨らみますね!この勢いをしっかりと持続させて、更なる快挙を成し遂げて欲しいです。

1 久太郎 ★ :2024/03/25(月) 21:12:17.78 ID:9JygMWPB9
U-23日本代表は25日、国際親善試合でU-23ウクライナ代表と対戦した。

パリ五輪アジア最終予選を兼ねたU-23アジアカップが4月に迫る中で、3月には強化試合2試合が実施された。21日のU-23マリ代表戦は1-3で落としていたが、続く25日のウクライナ戦へはスタメンを10人変更。松木玖生や荒木遼太郎らがスタートからピッチに立った。

日本は試合開始から高い強度を保ってチャンスを作って一句。22分には松木が高い位置でボールを奪った流れからボックス中央の染野唯月が左足を振り抜いたが枠を越える。

その後、日本は頻繁にボールに触る荒木を中心に攻勢を保つがスコアレスで折り返し。後半からは山田楓喜と染野に代えて細谷真大と平河悠を送り出す。

すると48分、右CKでキッカーの荒木が蹴り込んだボールに中央の関根大輝が頭で合わせる。バーに直撃した跳ね返りを佐藤恵允が押し込んで日本が先制に成功する。

先制した日本は荒木との交代で田中聡を送り出して強度を保つ。すると76分、高い位置でボールを奪った佐藤が走り出していた細谷にパス。ウクライナDFにブロックされたボールに反応した田中が左足で追加点を決め切った。

終盤にかけても選手を入れ替えながら攻勢をかけた日本は、ウクライナの反撃もシャットアウトして2-0で試合終了。パリ五輪予選の出場権が懸かる4月のU-23アジア杯へ、弾みをつけて向かうこととなった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f3bea3f76de8fa49f72b8e2bfb630b4178d84849

【【サッカー】佐藤恵允と田中聡のゴールでU-23日本代表、勝利を収める】の続きを読む


3-0不戦勝は得点差も大きいし、次の試合に向けてモチベーションを高めてくれるかもしれない。頑張れ日本代表!

1 征夷大将軍 ★ :2024/03/24(日) 10:35:18.64 ID:OjbK0Tc89
日刊スポーツ[2024年3月24日9時51分]
https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/202403240000197.html

国際サッカー連盟(FIFA)は23日、中止になっていた26日のFIFAワールドカップ(W杯)アジア2次予選の北朝鮮(FIFAランキング114位)-日本(18位)戦について「この試合の開催および日程変更はない」と発表した。

W杯予選の事務局として「朝鮮民主主義人民共和国サッカー協会は、代替のホーム開催地が確定していないこと、この試合を延期するための日程に余裕がないことから、今予選の試合は行わず、日程も変更しないことを決定した」ことを公式サイトで明らかにした。

日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三前会長も前日23日に「日程上、試合を組み直すことはできない。今後どうするかはFIFAの規律委員会で決めるものだと思う」との見解を示していた。FIFAも「本件に関する、さらなる対応と試合結果については規律委員会に付託される」と添えた。

ホームの北朝鮮が開催を放棄しただけに、欧米メディアでは「没収試合」の結果となり、規定で日本の3-0不戦勝になる可能性が高いと一斉に伝えている。その場合、日本はW杯2次予選4連勝となり、極めて異例の形で、戦わずして最終予選(今年9月)進出が決まる。

日本は21日にホーム(国立)で北朝鮮に1-0で勝利。一方で同日、アウェー北朝鮮の平壌開催が急転白紙となっていた。翌22日のアジア・サッカー連盟(AFC)声明によると、北朝鮮は「やむを得ない事情」と主張し、中立地に会場を変更するよう求めていた。

2月の女子日本代表なでしこジャパンも、パリ五輪(オリンピック)アジア最終予選の北朝鮮との第1戦が平壌開催だったが、試合3日前に、サウジアラビア・ジッダに変更された。

今回はAFC視察団が平壌に入り、金日成競技場での開催に支障なしと判断。日本の報道各社にも入国と取材の許可が出ていたが、一転、試合5日前に「日本で『悪性感染症』が流行している」として、平壌開催の中止を申し入れてきたという。

「人食いバクテリア」とも呼ばれ、発症時の致死率が30%との報告もある「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」を北朝鮮は警戒し、を防疫措置を強めたとみられている。

森保ジャパンは22日朝に北京へ飛び、中国で査証取得や事前合宿後の25日に平壌入りするはずだったが、渡航をキャンセル。国内待機となり、千葉市内で練習後、中立地も含めた試合開催がないと決定。スペインから呼んでいるMF久保建英や、約1年3カ月ぶり復帰のDF長友佑都ら9選手に出番がないまま、前代未聞の活動終了、早期チーム解散に追い込まれていた。

【【サッカー】北朝鮮戦開催不可能、日本代表が不戦勝で次のステージへ】の続きを読む

このページのトップヘ