サッカーまとめラボ

毎日10記事更新中|サッカー関連国内外問わず|最新情報公開| 詳しくはブログ サッカーまとめラボへお越しください。|

イニエスタ


この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の姓)はイニエスタ、第二姓(母方の姓)はルハンです。 この人物の日本語表記には、以下のような表記揺れがあります。 アンドレアス・イニエスタ アンドレス・イニエスタ・ルハン(スペイン語: Andrés Iniesta Luján、スペイン語発音: [anˈdɾes…
119キロバイト (14,562 語) - 2024年2月22日 (木) 12:24
業界でも有名な選手が申告漏れをしてしまうというのは、税金の問題が誰にでも影響を及ぼすことを示しているのかもしれませんね。

1 久太郎 ★ :2024/03/23(土) 20:23:01.52 ID:54bfB8Op9
サッカーのJ1神戸に所属していた元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(39)ら外国人3選手が、大阪国税局からJリーグの契約金に関して、計21億円を超える所得税などの申告漏れを指摘されたことを受け、UAE1部のエミレーツ・クラブに所属するイニエスタは22日、マネジメント会社を通じて声明を発表した。

 所得税法によると、日本に生活の拠点がある「居住者」は所得税を納める必要がある。イニエスタは1年未満の契約だった2018年に関して「居住者」と認定された。

 【イニエスタ声明全文】

 税務不正疑惑に対する日本国税庁の請求に関して日本で公開された情報を踏まえ、私は次のように述べたい。

 根底にある議論は、2018年期間の居住者納税義務に焦点を当てており、この年の後半に、公に知られているように、私はヴィッセル神戸と契約後、日本に移住しました。 

 2018年度、私は該当する内部規定に従って、全世界の所得を対象としてスペインで所得税申告書を提出しました。2021年から2022年にかけて、日本の税務署当局は私の税務上の居住地に関する議論に焦点を当てた調査を開始し、私が2018年の一部の間、日本の税務上の居住者であったことの結論が出ました。この調査による債務も事実上完済しました。

 したがって、その期間の所得は明らかに負担の大きい二重課税を受けているため、私はアドバイザーチームを通じて、スペインと日本の間の二重課税協定に規定されているいわゆる「友好的な解決」を開始するよう要請しました。この手続きは現在進行中であり、両国が合意に達したことに基づく速やかな解決を待つとともに、支払った超過税金が返還されることを望んでいます。

 だからこそ、私は、申し立ての解決を待つ間、公開された情報について敬意と注意を払うよう求めます。私はこれまでも、これからも、施行されている法律と規則に従って行動します。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ca4c7b3954c5807350c2b6d4fb4cfd07ac32d2c2

関連スレッド
【Jリーグ】イニエスタら3選手、計21億円の申告漏れ 国税が「居住者」と判断 [鉄チーズ烏★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1711054675/

【【サッカー】イニエスタ、二重課税を訴え「超過税金を返還してほしい」】の続きを読む


サッカー界のレジェンドであるイニエスタの応援メッセージに、胸が熱くなりました。
この困難な時期を乗り越えるために、共に力を合わせて頑張りましょう!

1 Egg ★ :2024/01/02(火) 09:02:49.55 ID:AlKt6uW49
昨年途中までヴィッセル神戸でプレーし、現在はUAEのエミレーツ・クラブでプレーする元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがエールを送った。

昨夏に5年間在籍した神戸を退団したイニエスタ。日本ではサッカーのみならず、日本の文化なども楽しむ様子を見せていた中、UAEで新たなチャレンジをスタートさせていた。

そのイニエスタは1日、石川県能登地方で発生した最大震度7の地震を受けて自身のX(旧ツイッター)やインスタグラムのストーリーズを更新。スペイン語で「たくさんの力を」、英語で「強くあれ」、そして日本語で「共に!」と励ましのエールを送った。

日本を愛してくれたイニエスタは、離れて半年が経過しても日本を気遣うメッセージ。ファンは「ありがとう」というコメントを寄せていた。

1/2(火) 8:55配信 超ワールドサッカー
https://news.yahoo.co.jp/articles/871befa1721663871b8d7958bccb5397411241cc

写真

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=410&exp=10800

【【感動】イニエスタの温かいエールに被災地も勇気をもらう!】の続きを読む


楽天の三木谷オーナーが大金を投じて、イニエスタを獲得したことは素晴らしかったですね。
しかし、イニエスタ退団後に初優勝するなんて皮肉な結果です。それだけ他の選手たちの力も素晴らしかったんだと感じます。
三木谷オーナーの投資が功を奏した瞬間でもあり、サポーターとしては感謝の気持ちでいっぱいです。

1 Egg ★ :2023/12/17(日) 18:34:00.65 ID:Wjxvo95j9
● イニエスタ退団後に 大物フアン・マタが加入するも…

 吉田監督の下で迎えた今シーズンの神戸はキャンプから、復調気配にあったFW大迫勇也をキーマンに据えるスタイルへ本格的に移行した。前線からのプレッシングをチーム全員が繰り返す中で、たくましく走れて、球際の攻防にめっぽう強くて、がむしゃらに頑張れる選手が重用された。

 無骨なハードワーク軍団と化した神戸において、イニエスタの居場所はさらになくなっていった。夫人のアンナさんの第5子出産に立ち会うために開幕直後に一時帰国し、チームを留守にした状況も響いた。イニエスタ抜きの神戸が、開幕から白星を積み重ねて首位をキープしていたからだ。

 プロの指揮官が下した戦術変更を、イニエスタも敬意を込めて受け入れた。しかし、時間の経過とともに、状態が万全ならば試合に出られる状況を優先したい、という思いが頭をもたげる。最終的には契約を半年間残した7月にイニエスタは退団を決断。UAEのエミレーツ・クラブへ新天地を求めた。

 イニエスタが去った後も、神戸は好調を維持。キーマンとなった大迫は自己最多の22ゴールを挙げ、初の得点王を獲得した。大迫は今シーズンの軌跡をこう振り返る。

 「タカさん(吉田監督)自身、難しい決断がたくさんあったと思う。それでも先頭に立って『これだ』というものを示し続けてくれた。本当に説得力があった」

 決断の中には神戸の最適解だと信じた形、つまりイニエスタ抜きの戦法を誰にも「忖度(そんたく)」せずに貫く決意も含まれていた。ただ、ここで気になるのが三木谷氏の反応だ。自身が掲げた「バルセロナ化」とは異なるスタイルで手にした、J1リーグ優勝をどのように受け止めているのか。

 優勝を決めた後に神戸市内のホテルへ慌ただしく移動し、祝勝会前に吉田監督や大迫らと臨んだ優勝会見。その席で、三木谷氏は最後までブレなかった今シーズンの戦い方をこう語っている。

 「今シーズンはここにいる選手を中心に、オープンに意見を言い合える環境があったと聞いています。監督と選手との間で『どういうサッカーをすれば勝てるのか』という議論がかなり出されていた、と。ヨーロッパを見ても、スタイルはいろいろな意味で進化している。所属する選手の質、といったもので変わってくる。さまざまな意見をぶつけ合った末にできたスタイル、ということですよね」

 三木谷氏から同意を求められた吉田監督は、自負を込めてうなずいた。

 というのも、実はイニエスタ退団後の9月、神戸には元スペイン代表の司令塔フアン・マタが加入した。スペインの名門バレンシアをはじめ、イングランドの強豪チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドでも活躍したスター選手である。吉田監督はその大物を、9月のサンフレッチェ広島戦でわずか10分のみ起用。それ以降のリーグ戦では出場機会を一切与えなかった。

 勝利を後押ししようと、イニエスタに代わる大物を獲得した経営側。35歳のベテランとなり、走れなくなった選手は不要だと、マタの存在に頼らなかった現場。結果的に優勝につながったのは、後者が志向したハードワークだった。

ダイヤモンドオンライン 全文
https://news.yahoo.co.jp/articles/2e500786f2c90016098c68ae62b954c58e090dd4?page=4

1 Egg ★2023/12/17(日) 09:09:51.90
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702771791/

【【サッカー】J1神戸の初優勝に皮肉?楽天・三木谷オーナーの大金投資の功罪とは】の続きを読む


イニエスタは確かに経験豊富で才能もある選手ですが、現在のチームの状況には役立てられていないようですね。
降格危機を克服するために、彼のリーダーシップとプレースタイルをチーム全体に浸透させる必要があります。

1 Egg ★ :2023/12/12(火) 21:50:41.22 ID:Y9ndxBhl9
元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(39)が、J1神戸退団後に加入したUAE1部エミレーツ・クラブでチームを勝利に導けない日々を送っている。

【写真】石油王みたいな恰好をするイニエスタ
https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/285697?utm_source=news.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=bodylink&page=2

 出場機会を求めて7月に神戸を退団したイニエスタは、新天地では望み通りの地位を得た。スペイン紙「アス」は「イニエスタは39歳にもかかわらず、開幕から安定したプレーを見せている。リーグ戦10試合のうち8試合に出場し、7試合でフル出場。カップ戦も2試合に出場し、2ゴールを挙げた。しかし、彼の経験と才能はチームの競争には役立っていない」と伝えた。

 エミレーツ・クラブは1勝7敗2分けで降格圏となる14チーム中13位に沈んでいる。しかも、バルセロナ、ドルトムントなどでプレーした元スペイン代表FWパコ・アルカセル(30)を補強したにもかかわらずだ。

 同メディアは、このままでは神戸で暫定監督の経験があるリュイス・プラナグマ監督(43)の地位も危ういとした。監督交代となれば、イニエスタの起用法にも影響が出かねない。再び出場機会を失ってもおかしくはなさそうだ。

12/12(火) 21:16配信 東スポ
https://news.yahoo.co.jp/articles/e3243452929d1e071557a8725c8e298c1172ed37

写真
(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=426&exp=10800

【【悲報】母国紙が指摘する現状:イニエスタの経験と才能が役立っていない理由とは?】の続きを読む


イニエスタ氏からヴィッセル神戸へ、初優勝おめでとうございます!
イニエスタの加入以来、チームは変わりました。
信じた未来が、ついに現実となりました。
スタジアム中が一体となって祝福する様子は本当に感動的でした。
これからもチームとして更なる飛躍を目指して頑張ってください!

【【胸熱】イニエスタからの感動的なメッセージ!ヴィッセル神戸の初優勝を祝福】の続きを読む

このページのトップヘ