サッカーまとめラボ

毎日10記事更新中|サッカー関連国内外問わず|最新情報公開| 詳しくはブログ サッカーまとめラボへお越しください。|

移籍話


伊東 純也(いとう じゅんや、1993年3月9日 - )は、神奈川県横須賀市出身のプロサッカー選手。リーグ・アン・スタッド・ランス所属。ポジションはフォワード(FW)。 小学校1年生の時に鴨居SCでサッカーを始めた。中学校入学前に横浜F・マリノスジュニアユースの入団テストを受けたが不合格となり(こ…
52キロバイト (5,419 語) - 2024年3月14日 (木) 16:56
日本のサッカー界は厳しい環境があるのかもしれませんね。伊東選手の気持ちを考えると、改善すべき点があるのかもしれません。

1 冬月記者 ★ :2024/03/20(水) 17:28:04.92 ID:44cIzEWD9
https://news.yahoo.co.jp/articles/f24c294c7448ade0d64ca6766d54571dfe01a22e

伊東純也選手が魂の告白「代表に戻りたいけれど、日本という国は難しい」 サッカー誌初「肉声」独占入手(1)


 3月14日、W杯2次予選・北朝鮮戦に臨む日本代表メンバーが発表された。その中には、一部週刊誌の性加害報道を受け、アジアカップ途中で代表から離脱した伊東純也選手の名前はなかった。

 3月9日に31歳の誕生日を迎えた伊東選手本人は、この決定をどう受け止めているのか。元テレビ朝日アナウンサーで現在、弁護士として活躍する西脇亨輔氏が貴重な肉声を入手した。

 3月14日、日本サッカー協会はW杯アジア2次予選・対北朝鮮戦に招集する日本代表メンバーを発表した。

 2月1日発売の「週刊新潮」による性加害報道を受けて、2月3日のサッカーアジア杯準々決勝から代表離脱となった伊東純也選手に注目が集まったが、今回の代表復帰はなかった。


 この結論をどう受け止めているのか。私は伊東選手側の加藤博太郎弁護士を通して、伊東選手本人のコメントを聞いた。

 弁護士によると、伊東選手は落ち着いた口調で「代表の判断なので、選手の立場として何か申し上げることはない。とにかく早く嫌疑を晴らし、代表に戻れるようにしたい」とコメントし、こうした言葉を繰り返していたという。


「日本という国は、難しい」

 アジア杯日本代表から離脱後、所属するフランス1部のスタッド・ランスに戻ると、伊東選手はただちにスタメン出場を果たした。現地時間3月10日にはFWキリアン・エムバペ選手らを擁する強豪パリ・サンジェルマンと対戦、先制ゴールの起点となるなど、連日の活躍が報じられた。

フランスでは問題なくプレーできています
アジアカップのバーレーン戦ではベンチを温め続け、その後、試合に出ることはなかった。

「フランスでは問題なくプレーできています。日本代表に入れるよう、コンディション作りもしていました」(伊東選手)

 しかし、代表復帰はなかった。実はこれに先立って、伊東選手は日本サッカー協会関係者と話し合いを持っていたという。

 その後の「招集なし」という結論について伊東選手はこう語った。「代表に戻りたいけれど、日本という国が難しくて、その環境を整えることができなかった」

 どういった点が「難しい」のか。それは、報道の影響の大きさだという。

 「一度、週刊誌に報じられてしまうと、その影響が本当に大きい。今代表に戻るとサッカー以外のことが大きく報道されて、チームがサッカーに集中できる環境ではなくなるかもしれないと思いました」(伊東選手)


 この「環境の難しさ」については日本代表の森保一監督も、会見でこう強調していた。

「彼を招集した場合に、日本で彼を取り巻く環境が、どういう環境になるか想像したときに、彼に落ち着いて生活、プレーができる環境にならないと想像している」「チーム全体としての活動も、チーム全体が落ち着いて活動できる環境にならないだろうなと」

 フランスと日本で「環境」になぜ違いが生まれるのか。それは「推定無罪」という考え方が社会にどれだけ浸透しているかによる違いに思える。

【【サッカー】伊東純也選手の告白!代表復帰への願望と国内での葛藤とは?】の続きを読む


代理人が会談しているということは、移籍の可能性が高いのでしょうか。三笘薫の今後の動向が気になりますね。

1 数の子 ★ :2024/02/19(月) 22:57:15.42 ID:qBsrZPy79
スペイン1部バルセロナがイングランド・プレミアリーグのブライトンを率いるロベルト・デゼルビ監督(44)を新指揮官に就任する可能性が高まっている。

 スペイン紙「ムンド・デポルティボ」によると、バルセロナのスポーツディレクターを努めるデコ氏は14日にデゼルビ監督の代理人エドムンド・カブチ氏と会談したという。表向きはカブチ氏がサポートするウルグアイ代表DFロナウド・アラウホの「契約延長に関する交渉のため」としながらも「デゼルビ監督がシャビ監督の後任として名前がリストアップされている」と伝えた。

 バルセロナは攻撃的なサッカースタイルのデゼルビ監督とクラブ方針が合致しているとして熱視線を注いでおり、ブライトンに契約解除金1000万ユーロ(約16億1000万円)を支払うこともいとわないという。同紙は「イタリア人(デゼルビ監督)は将来バルサの監督になる可能性がある」と指摘した。

 その一方、バルセロナは来季に向けて左サイドの強化に取り組む構えで、かねてブライトンの日本代表MF三笘薫(26)を高く評価している。三笘の移籍金5000万ユーロ(約80億5000万円)とされるが、現在バルセロナからブライトンにレンタル移籍中のスペイン代表FWアンス・ファティ(21)を同クラブに売却することで指揮官の契約解除金との約100億円を相殺できる見込みだ。

 デゼルビ監督が名門クラブの指揮を執るのであれば、寵愛を受けている三笘にとってもスペインに移籍するメリットとなる。それだけに〝師弟コンビ〟で、バルセロナに移る可能性も十分にありそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/62b8a159c11470b6df2b160d08d46acf05458362

【【サッカー】三笘薫、バルセロナ移籍へ!デゼルビ監督の代理人がスペイン名門と会談】の続きを読む


エンバペがレアル・マドリード入りする可能性が高いとの報道、本当ならファンにとっては夢のような話ですね。期待して待ちたいと思います。

1 征夷大将軍 ★ :2024/02/19(月) 21:42:38.68 ID:ZNTgwbt99
サッカーキング
https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20240219/1863993.html
2/19

 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・エンバペは、すでにレアル・マドリードと契約合意に達していたようだ。19日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 PSGとの現行契約が2024年6月30日に満了を迎えることから、今シーズン終了後の去就に大きな注目が集まっているエンバペ。15日には、クラブ首脳陣に対してPSG退団の意向を伝えたと報じられるなど、サッカー界を代表するスター選手の将来について、世界中のメディアやファンから様々な報道や憶測が飛び交っている。

 また、クラブ首脳陣に対してPSG退団の意向を伝えた際には、ナセル・アル・ケライフィ会長に新たな契約延長オファーを提示しないよう求めていた模様。さらに、PSGとの契約延長オプションの不行使を書簡で通達したとされる6月には、すでにレアル・マドリードへの移籍を決断していたようだ。

 なお、交渉は肖像権に関連する問題でいくつか意見の相違があったものの、比較的順調に進行したと指摘。レアル・マドリード側は、エンバペの年俸が給与バランスを壊さないことを獲得の絶対条件に掲げていたようだが、同選手がフロレンティーノ・ペレス会長の指示に従ったことで条件の引き下げに成功したという。交渉の結果、エンバペはチーム内で最高額の給与を受け取ることとなるが、元ドイツ代表MFトニ・クロースやクロアチア代表MFルカ・モドリッチらの給与と近い金額となり、同紙は「確認できていない」と前置きしつつ、エンバペが1500万ユーロ(約24億円)から2000万ユーロ(約32億円)に出来高ボーナスが付随した金額を受け取る見込みだと報じた。

【 【サッカー】エンバペがレアル・マドリードと5年契約で合意か!推定年俸24億円から驚異の年俸32億円へ】の続きを読む



(出典 www.football-zone.net)


マンUは今シーズン、攻撃陣の補強が急務と言われていますが、三笘薫はまさにそのニーズにピッタリの選手です。
その素晴らしいゴールセンスとドリブル技術は、チームに新たな躍進をもたらすことでしょう。97億円という投資は、長期的な成功を考えれば非常にお得なものと言えるでしょう。

1 冬月記者 ★ :2024/02/14(水) 09:10:41.74 ID:QMxvw27K9
https://news.yahoo.co.jp/articles/c488b5a9dcb47a4eb596354e596767c86b528644

「このレベルで非常にお買い得」 三笘薫は97億円でも安すぎる?今夏売却の可能性浮上。マンUの理想的な補強候補に


 ブライトンがデンマーク1部のノアシェランから19歳のイブラヒム・オスマンを獲得することが決まり、同クラブの日本代表MF三笘薫が今夏に売却される可能性が浮上。

 想定される移籍金と実力の高さから、マンチェスター・ユナイテッドにとって理想的な補強候補であると、英メディア『フットボール・ファンキャスト』が報じている。

 三笘は2022年7月、レンタル元のロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズからブライトンへ復帰。昨季は得意のドリブルでチャンスを作り出し、公式戦41試合で10得点8アシストを記録した。

 今季は公式戦25試合で3得点6アシストをマークしており、昨年10月にはブライトンとの契約を2027年まで延長している。ブライトンにとって三笘は重要な選手ではあるが、オスマンが今夏に加入することを受けて、三笘が売却されるとの見方が広がった。


 そんな中、同メディアはタイトルに「マンUが、規格外の才能を持つブライトンのスターを5100万ポンド(約97億円)で獲得する可能性がある」とつけ、マンUが三笘の獲得に乗り出すことを示唆している。

 想定される移籍金は5100万ポンドと高額だが、同メディアは「このレベルの能力を持つ選手が5100万ポンドというのは、非常にお買い得だ。三笘がすでにイングランドサッカー界で実績があることを考えれば、オールド・トラッフォードにおけるジム・ラトクリフ時代の幕開けに相応しい契約でもある」とし、むしろ安すぎるとの見解を示した。

 その根拠として「怪我とアジアカップへの参加で最後の5試合を欠場したにもかかわらず、今シーズンのペナルティエリア内へのキャリー数は5大リーグで5位(57回)となっている」と報じている。

【【サッカー】マンUの理想的な補強候補、三笘薫は97億円でもお買い得か?】の続きを読む


鈴木彩艶には、ミスから学び成長する機会を与えてあげるべきだと思います。彼はまだ進化の途中にある選手であり、失敗は成長の一環です。
必要以上に批判することは、彼の自信を削いでしまう可能性もあるのではないでしょうか。私たちも彼を応援し、成長をサポートするべきだと思います。

1 伝説の田中c ★ :2024/01/21(日) 21:48:27.98 ID:gGltcXM79
 イラク戦(●1-2)の敗戦から一夜明け、日本代表は先発11人と後半開始から出場したDF冨安健洋を除く14人でトレーニングを行った。

 初戦に続く2試合連続の2失点という結果を受け、21歳ながら今大会の守護神を任されているGK鈴木彩艶(シントトロイデン)にも批判の声が挙がっている。特にイラク戦の1失点目は、彩艶のパンチングが相手の前に飛んでそのままヘディングシュートを決められたこともあり、厳しい指摘もあるが、同じゴールキーパーのGK前川黛也(神戸)は「全然ミスでもない」と声を大きくした。

「誰が言っているか分からないけど、全然ミスでもないし、その前のところでの失い方とか、そこまで進入されたことが問題であって、もちろんキーパーはキーパーで修正しないといけないけど、そこは必要以上に言われ過ぎているのかなと思う」

 強い口調でそう反論したGK陣最年長の29歳は「そうやって外野が言うのは簡単。僕自身、代表や海外経験がない中で、あのアウェーの声援やプレッシャーの中、(鈴木)彩艶はビルドアップやリスクケアも安定していたし、彩艶が救っているところもたくさんあった。なのに一個で批判されるというのは、プロである以上仕方ないことかもしれないけど、そこは集中し過ぎなのかなと思う」と、自身より国際経験が豊富な後輩GKをかばった。

「あのプレッシャーの中で普通にプレーするだけでも大変なのに、しっかりボールにもチャレンジして、その結果、詰められた。もちろんキーパーとして他にどうしたらよかったのかというのは修正しないといけないけど、あの雰囲気の中でやるのは普通じゃないし、彩艶という選手の力強さはベンチから見ていても感じた」

 前半アディショナルタイムに2失点目を喫し、0-2でハーフタイムを迎えると、すぐさまピッチ上に出ていった前川が彩艶と並んで話し込む様子が見えた。敗戦直後にも「次に切り替えていこう」と隣で声をかけたそうで、「自信を持ってほしいし、すごく良いプレーも多かったので、外から見ていて良かったところだったり、もっとこういうところを味方と声をかけ合ってやっていこうと話した」と明かした前川。チームとして失点が続いている現状を受け、「キーパー全員が責任を背負って、キーパーチームで戦っていかないといけない」と強調した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5aa03c11ef652635648046fbc331c38c1a819b3a

【【アジア杯】批判は適切か?前川黛也が鈴木彩艶のプレーを擁護する】の続きを読む

このページのトップヘ