サッカーまとめラボ

毎日10記事更新中|サッカー関連国内外問わず|最新情報公開| 詳しくはブログ サッカーまとめラボへお越しください。|

代表選手


三笘薫の怪我は本当に残念です。日本代表の中心選手が長期離脱することになるとは。早く回復してまたピッチでプレーしてほしいです。

1 冬月記者 ★ :2024/02/28(水) 01:42:12.46 ID:J+0MoR9k9
https://news.yahoo.co.jp/articles/6f48971acee9f02ca105d1212c0b51404c4f6dae

三笘薫 腰痛で今季絶望…日本代表にも大打撃 デゼルビ監督「2~3か月かかると思う」


 イングランド・プレミアリーグのブライトンに所属する日本代表MF三笘薫(26)は、今季中に復帰することが絶望的となった。ロベルト・デゼルビ監督が27日に明らかにした。

 クラブの公式ホームぺージによると、指揮官は28日のFА杯5回戦・ウルバーハンプトン戦に向けた前日会見で三笘について言及。

 「腰の故障だ。重要な問題だ。2~3か月かかると思う」と語り、今季の残りを棒に振ることになるだろうと厳しい見通しを示した。

 三笘は18日のシェフィールド・ユナイテッド戦で、腰の痛みで後半途中に交代。1―1の引き分けだった24日のホーム・エバートン戦ではベンチ外で、デゼルビ監督は「三笘がいないのは問題だ。水曜(28日)に三笘がプレーできるかどうかは、わからない」と話し、復帰の見通しが立っていないことを示唆していた。

 これにより、3月21日(国立)と同26日(平壌)に予定される日本代表の2026年北中米W杯アジア2次予選・北朝鮮戦への参加も絶望的に。森保ジャパンにとってもエースの離脱は大きな痛手となりそうだ。

【【サッカー】三笘薫、腰の故障で今季絶望…日本代表のバイタリティ不足に懸念】の続きを読む


アジア人選手に対する差別はいつまで続くんだろう。遠藤航選手も南野拓実選手も日本人として誇り高くプレーしているのに、なぜその瞬間を奪われるのか理解できない。

1 ◆Gap/News.k おっさん友の会 ★ :2024/02/26(月) 17:17:33.84 ID:7L3bTPgs9
現地2月25日に行なわれたカラバオカップ(リーグカップ)の決勝で、遠藤航が所属するリバプールがチェルシーと聖地ウェンブリーで対戦。118分に主将のフィルジル・ファン・ダイクが決めたヘッド弾で延長戦にもつれこむ死闘を1-0と制し、2シーズンぶり10回目の戴冠を果たした。

その試合後に物議を醸したのが、トロフィーリフトの際の現地映像だ。

 スタンドに上がったリバプールのメンバーたちが一人ひとり優勝カップを掲げるなか、遠藤の手前の選手になった瞬間に、それまで正面から撮っていた映像が切り替わり、横からのアングルに。残念ながら、遠藤の姿は横の選手と被って見えなくなってしまった。

実は2年前のリーグカップ決勝で当時リバプールに所属していた南野拓実が優勝トロフィーを掲げる時も同様のアングル変更があり、一部の韓国メディアは「繰り返される東洋人差別。パク・チソン、岡崎慎司も同様の屈辱にあった」と非難していた。

今回もSNS上では、「遠藤セルフカメラ回避で草w」「遠藤も完全に差別されてるね」「カメラワークゴミすぎる。正面からうつせや!」「これはどっちや、またやったのか 前は明らかに変えてたけど今回は普通にやれば見えてそうやからなんとも言えん」「南野の時も アジア人差別エグい」「遠藤が掲げる前にカメラワークを変更したのは、日本人がトロフィーを掲げる姿を映らないようにするためだったのか。酷いね」といった声があがっている。

続きはYahooニュース
サッカーダイジェスト 2024/02/26
https://news.yahoo.co.jp/articles/a2d2465aa65d7716043051fec5d922504caed47d

★1 2024/02/26(月) 10:41:49.30
※前スレ
【サッカー】「アジア人差別エグい」2年前の南野拓実に続いてまた…遠藤航が優勝カップを掲げる寸前に現地中継カメラが“切り替え" [おっさん友の会★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1708911709/

【【サッカー】「アジア人差別エグい」2年前の南野拓実に続いてまた…遠藤航が優勝カップを掲げる瞬間を】の続きを読む


遠藤航のコメント、クロップに感謝の気持ちが伝わってきますね。リヴァプールにとって大事な存在だったクロップ監督に恩返しすることができるのは素晴らしいことです。

1 フォーエバー ★ :2024/02/24(土) 09:14:45.89 ID:9Ub4eWNS9
2/23(金) 19:01配信


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?exp=10800

theWORLD(ザ・ワールドWeb)
勇退に華を添えたい
リヴァプールの遠藤航 photo/Getty Images

今週末にカラバオカップ決勝戦を控えるリヴァプール。ケガ人が続出しているものの、チームは今季4冠の可能性を残しており、ユルゲン・クロップ監督のラストシーズンに華を添えるべく選手たちは戦ってくるだろう。

MF遠藤航も、カラバオカップ決勝戦で先発が予想される。英『Mirror』によれば、遠藤はタイトルを獲得することの重要性、そしてクロップ監督が去ってしまうことについて語っている。

「もしこの大会で勝つことができれば、僕たちが出場している他の大会にも本当に良い影響を与えると思う」「ウェンブリーで勝つことができれば、今後の課題に向けてさらなるエネルギーが得られるでしょう」

遠藤はクロップと仕事をしたのは1シーズンだけだが、自分と契約してくれたクロップに感謝しており、彼のために恩返しをしたいと語った。

「(退任すると聞いて)悲しかった。僕は彼のためにプレイすること、そして彼のサッカーをすることを本当に楽しんでいます。残念ですが、彼が去ってしまう前に必ずタイトルを獲得したいと思っています」

「ユルゲンとプレイしたのは1シーズンだけでした。他の人たちはもっと長くここにいて、違った感情を持っているかもしれませんが、彼は僕をとても助けてくれました」

今やリヴァプールの中盤に欠かせない存在となった遠藤。名将のラストシーズンに関わっていることが、日本代表MFにも特別な思いを抱かせているようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/523265e00151ea2962870839542c9f949859ce80

【【サッカー】リヴァプール遠藤航、クロップへの感謝を語る「彼のために全力でプレイする」】の続きを読む


遠藤航とマック・アリスターの共存がうまくいっているというのは、チームにとってもとても良いニュースですね。これからの活躍が楽しみです!

1 ゴアマガラ ★ :2024/02/21(水) 21:28:12.13 ID:CESzfCnb9
遠藤は2試合連続で先発出場

 イングランド1部リバプールの日本代表MF遠藤航はアジアカップ後のリーグ戦で2試合先発出場を続けている。これまではほとんどなかったアルゼンチン代表MFアレクシス・マック・アリスターとの同時起用注目を集めているなか、リバプール専門メディア「Liverpool.com」は「うまくいき始めている。良い兆候」と2人の共存について伝えている。

 今季リバプールに新加入した遠藤はそれまでアンカーでレギュラーの座を不動のものとしていたマック・アリスターの負傷離脱を機に昨年12月頃から先発での出場機会が急増。アジアカップ前、最後のニューカッスル戦まで公式戦8試合連続スタメンと過密日程のなかで奮闘した。

アジアカップ参加によってカップ戦を含めた計7試合を欠場したが、チームに戻ってきてからリーグ第24節バーンリー戦(3-1)、第25節ブレントフォード戦(4-1)と引き続く先発でピッチにたった。
ハンガリー代表MFドミニク・ソボスライら負傷者が多く出ていることもあり、この2試合では遠藤がアンカー、マック・アリスターが1つ前のインサイドハーフとして起用されている。

「Liverpool.com」は「マック・アリスターは6番としてベストな選択であり、遠藤がベストではないといえるかもしれないが、機能しないということを意味するわけではない。多くの試合があるなかで、
たとえ全員が怪我の問題を抱えていなかったとしても、常にベストなイレブンをピッチに送り出せるわけではない」としたうえで、遠藤とマック・アリスターの関係性について言及している。

この2人が今季同時にプレーした時間はまだわずか「353分」しかなく、その半分以上が直近の2試合というなかで、「これらの試合(バーンリー戦とブレントフォード戦)でも2人がカップルとしてうまくいき始めているのは明らか。これはリバプールにとって良い兆候だ」と指摘。「お互いに適応を続ければ、関係性を築き上げることができる。
そして、今後数週間も彼らがリバプールの怪我の呪いを避けることができれば、より多くのチャンスを得ることになるだろう」と共存について太鼓判が押されていた。

 負傷者続出でユルゲン・クロップ監督も選手起用には頭を悩ませているが、遠藤とマック・アリスターの同時起用はチームにとっての最適解となるのだろうか。

https://www.football-zone.net/archives/511906

(出典 www.football-zone.net)

【【サッカー】「遠藤航×マック・アリスター」共存の成功!英太が舌を巻く】の続きを読む



1 久太郎 ★ :2024/02/20(火) 21:22:40.42 ID:vnLletMF9
元日本代表MF松井大輔が20日、現役引退を発表した。

2000年に当時の京都パープルサンガでプロキャリアをスタートさせた松井は、2004年からフランスやロシア、ブルガリア、ポーランドなど海外クラブを渡り歩き、2014年にジュビロ磐田に加入してJリーグ復帰。その後、横浜FCやベトナムのサイゴンFCでプレーし、2022年にはY.S.C.C.横浜フットサルとY.S.C.C.横浜の“二刀流”選手となった。

昨年12月にY.S.C.C.横浜が2024シーズンの契約を更新しないことが発表されていた中、松井は20日に自身の『インスタグラム』で「現役を引退します」と現役引退を発表した。

発表の配信では、日本代表で共闘した大久保嘉人氏と五輪3連覇記録を持つ元レスリング選手の吉田沙保里氏が参加。SNSでの発表については、「引退の仕方は色々あると思うけど、インスタで発表するのも新しいかなと思った。見送っていただける形、知っている人たちやいろんな人にお疲れと言ってほしかったのもあって」と理由を説明し、二人からの「お疲れさま」の言葉に笑顔をのぞかせた。

足下のテクニックやキープ力、ドリブルを武器としてウイングを主戦場にプレーしてきた松井は、2003年にデビューした日本代表としても通算31キャップを記録。2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)ではベスト16でパラグアイ代表に敗れるまでの全4試合でスタメン出場した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/128030b0251f39c237d1c78497bd0f8ac87d981d

【【サッカー】元日本代表MF松井大輔が現役引退をついに発表。】の続きを読む

このページのトップヘ