サッカーまとめラボ

毎日10記事更新中|サッカー関連国内外問わず|最新情報公開| 詳しくはブログ サッカーまとめラボへお越しください。|

日本代表


日本代表の新ユニフォーム、Y-3とのコラボは本当に素晴らしいものだと思います。日本のサッカーが世界に誇れる試みをしていることが嬉しいですね。

1 阿弥陀ヶ峰 ★ :2024/06/22(土) 07:41:10.08 ID:XJTGhOiX9
日本代表の新ユニフォームが6月21日
パリコレで発表された。日本のファッションデザイナー山本耀司氏が手掛けるアディダスとのコラボブランド「Y-3」のステージに登場し、U-23日本代表MF藤田譲瑠チマとなでしこジャパン(日本女子代表)MF長野風花がモデルを務めた。イタリア誌「NSS Magazine」は「日本とY-3のコラボレーションは、おそらくサッカー界で最も待ち望まれていたコラボレーションの1つ」と待望の1着だと伝えた。

山本氏が手掛けるブランド「Y-3」は2014年と2024年にレアル・マドリードのユニフォームを2度デザイン。そのなかで、母国日本のユニフォームを手掛けた。コンセプトは「FIRE(炎)」で各カテゴリー日本代表ユニフォームを通して一貫したモチーフとなる炎のグラフィックは、山本氏によるデザインとなり、日本代表が持つ「揺るぎない強さ」、そして「日本と言う国が持つ神秘的な力」を表現しているという。一つ一つの炎は選手やサポーターを表しており、各々の思いが渦を巻き集まって「炎の目」となることで、その力が日本代表の力として高く舞い上がる様子を表現しているという。

藤田が着用した日本代表のホームキットはネイビーカラーが基調となり、前面にはブルーの炎のようなデザインが施されている。さらに代表チームのエンブレムロゴが中央に配置されているのも特徴的。歴代の代表ユニフォームとは一線を画すような斬新なビジュアルで、世界的に有名なファッションブランドの新作発表会「パリ・コレクション(通称パリコレ)」の「Y-3」の舞台という豪華な発表となった。

同誌は「アディダスは2022年にウェールズ・ボナーデザインのジャマイカ代表ジャージで行ったように、今回は日本代表の試合用ジャージをファッションショーで紹介」とパリコレの様子を公式インスタグラムで明かし、公式X(旧ツイッター)では「日本とY-3のコラボレーションは、おそらくサッカー界で最も待ち望まれていたコラボレーションの1つ」とした。

今回発表されたユニフォームはパリ五輪で着用すると見られる。五輪が行われる地で堂々“デビュー”を飾った新ユニフォームにはこれからも大きな注目が集まりそうだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/5dc5e1d7a5feeab051192a185a1e829dd3c6cb58

(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)

【【サッカー】Y-3が手掛ける日本代表の新ユニフォームがパリコレで披露される】の続きを読む


「日本代表が韓国と同じグループにならず、別グループになって良かったですね。これからのW杯最終予選に向けて、しっかりと準備して勝利を目指していきたいですね!」

1 久太郎 ★ :2024/06/20(木) 18:16:45.57 ID:U/h3yfeu9
 国際サッカー連盟(FIFA)は6月20日、最新のFIFAランキングを発表。これにより北中米ワールドカップ、アジア最終予選のポット分けが決まる見込みだ。

27日に実施されるW杯アジア最終予選の組み合わせ抽選会のポットは、今回のFIFAランキングに基づいて決定する見通し。それによると、前回から順位を1つ上げ、17位でアジア最上位をキープした日本は、20位のイラン、22位の韓国とともに第1ポットに入ることになりそうだ。

 アジア最終予選のポット分けは以下の通り。

〇ポット1
日本、イラン、韓国

〇ポット2
オーストラリア、カタール、イラク

〇ポット3
サウジアラビア、ウズベキスタン、ヨルダン

〇ポット4
UAE、オマーン、バーレーン

〇ポット5
中国、パレスチナ、キルギス

〇ポット6
北朝鮮、インドネシア、クウェート

構成●サッカーダイジェストWeb編集部)

https://news.yahoo.co.jp/articles/15ffd5f97f5e1801d7a03a56257d86f433141446

【【サッカー】FIFAランキングポット分けが決定、日本代表のグループは?】の続きを読む


五輪代表の発表が待ち遠しいですね。選手たちのプレーに期待しています。

1 久太郎 ★ :2024/06/19(水) 11:44:02.01 ID:+5N0x7yy9
 日本サッカー協会は12日、24年パリ五輪代表メンバー18人に発表記者会見を7月3日に行うことを発表した。

 21年東京五輪では初戦の南アフリカ戦のちょうど1カ月前にバックアップ4人とメンバー18人が発表されたが、今回は初戦の24日パラグアイ戦の3週間前。チーム内競争の激化に伴い、オーバーエージ(OA)3枠を含め国際サッカー連盟(FIFA)へのメンバー提出期限ギリギリまで見極める方針からの日程となった。山本昌邦ナショナルチームダイレクター、大岩剛U-23日本代表監督が出席する。時間、場所は調整中。

 五輪は開催時期が国際Aマッチウイーク外で、海外組の招集には各クラブとの交渉が必須。複数の関係者によれば、日本協会は既に各クラブとの交渉を終えており、OAはMF遠藤が内定。候補にはDF板倉、DF谷口、MF守田らが50人のラージ枠入りしたもようだ。今後は可能性のある移籍状況も見極めながら、慎重に選考を重ねる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2fd24de50b0138e5f0ae4657fed9b3e780eaddec

【【7・3発表】五輪代表候補に注目!OA選手や新鋭選手が名前を挙げる】の続きを読む


堂安律も素晴らしい活躍を見せたが、今回の試合では久保建英が決定的な瞬間で大きな仕事をしてくれた。彼の存在が日本代表にとって非常に重要だと再認識させられた。

1 久太郎 ★ :2024/06/11(火) 21:08:30.05 ID:7Xpmfbz+9
サッカー日本代表は11日、FIFAワールドカップ26アジア2次予選 兼 AFCアジアカップサウジアラビア2027予選・グループリーグB組第6節でシリア代表と対戦し5-0で勝利。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。シリア代表戦に出場した選手(出場時間の短い選手は除く)、監督のパフォーマンスをどこよりも早く採点する。


【日本 5-0 シリア W杯アジア2次予選】


大迫敬介 6.0
 危険なシュートはほぼなく、静かな時間を過ごしていた

冨安健洋 6.5
 守備はもちろんのこと、この日は攻撃面でセンスを発揮。効果的だった

板倉滉 6.5
 攻守両面で安定感あるプレーを続けた。後半には倒立でスタジアムを沸かせた

町田浩樹 6.0
 全体的に安定していたが、フィジカルで負けピンチを招いたのは気になった

堂安律 7.5
 右サイドでキレのあるプレーを継続。ニアを射抜いた追加点は好調の表れだった。MVP

遠藤航 6.5
 鋭い出足で相手のカウンターを潰していた。チャンスにつながるロングフィードも

田中碧 6.5
 積極的にゴール前にも顔を出しながら、ボールを散らし続けてリズムを作り出していた

中村敬斗 7.0
 左サイドからの仕掛けは相手の脅威に。先制ゴールに繋がったクロスは高質だった

久保建英 7.0
 豊富なアイデアを武器に何度も攻撃を活性化。技術力の高さが際立っていた

南野拓実 7.0
 試合終盤に5点目を奪取。堂安や久保に負けじと結果を残した

上田綺世 7.0
 チャンスを確実に仕留める決定力の高さはさすが。2点目が欲しかったところ


伊藤洋輝 6.5
 左サイドバックとして途中出場。ミドルシュートを放つなど良い入りを見せた

鎌田大地 6.5
 絶妙なスルーパスでPK奪取を呼び込む。さすがの視野と技術だった

相馬勇紀 7.0
 精力的な動きでPKを獲得。これを自ら決めるなど短い時間でアピールに成功した

川村拓夢 6.0
 慣れ親しんだスタジアムで途中出場。落ち着いて試合に入った

谷晃生 –
 出場時間短く採点不可

森保一監督 6.5
 前半は3バック、後半は4バックを採用。ほとんどの選手を使うなど良いテストができた

https://news.yahoo.co.jp/articles/f507ffe481ee8404dac364344dfe7f395f735578

【【サッカー】シリア戦の採点で判明!日本代表のMVPは誰に決定されたのか!】の続きを読む


日本代表の攻撃力が素晴らしいですね!全勝&24得点無失点で最終予選へ進む姿勢に期待が高まります。

1 久太郎 ★ :2024/06/11(火) 21:06:32.01 ID:7Xpmfbz+9
日本代表は11日、2026年ワールドカップ(W杯)アジア2次予選グループB最終節でシリア代表をエディオンピースウイング広島に迎え、5-0で勝利した。

【テキスト】日本 vs シリア|結果・試合の主な展開

6日に行われた前節のミャンマー代表戦を5-0で勝利し、19得点無失点でアジア2次予選5連勝中の日本。すでに首位突破は決定しており、今回のシリア戦は9月から行われる最終予選前の最後の試合となった。

そのシリア戦に向けて森保一監督は前日会見での明言通り、[3-4-2-1]の継続とスタメンの大幅入れ替えを敢行。GK大迫敬介に、最終ラインは右から冨安健洋、板倉滉、町田浩樹を並べた。ダブルボランチでは遠藤航と田中碧がコンビを組み、右ウイングバックに堂安律、左ウイングバックに中村敬斗、2シャドーは久保建英、南野拓実を配置。最前線には上田綺世が入った。

9月から行われる最終予選前の最後の試合となったゲーム。今節の結果次第で2次予選敗退の可能性もあるシリアの激しいプレスにも徐々に対応し、8分には中村のグラウンダーのクロスに久保が中央で合わせるも、枠を捉えきれない。

それでも13分、南野のパスを受けた中村が縦への仕掛けから再びボックス左外からクロスを供給。中央で上田が頭で合わせると、ボールはクロスバーを叩いてゴールに吸い込まれた。

先制に成功した日本はさらに19分、自陣で中村からパスを受けた久保が持ち上がり、最後はボックス右手前から堂安律がカットインシュート。対峙した相手DFの股を抜いたシュートはゴール右へと突き刺さった。

22分にも久保の仕掛けから相手のオウンゴールを誘発した日本は、その後もシリアを押し込み続け、3点リードで試合を折り返した。

日本は後半に入ると、中村を下げて伊藤洋輝を投入。また、システムも3バックから4バックに変更して後半に入った。すると、5分には右サイドバックに入った冨安のオーバーラップから堂安がシュート、8分には左サイドバックに入った伊藤がボックス左手前から右足でシュートを放つなど、両サイドバックが果敢に攻撃参加を見せる。

システム変更によって前半ほどの勢いはないものの、ボールを保持しながら攻撃を組み立てる日本は60分、久保がドリブルでボックス右に侵攻してクロスを送り、ファーサイドで南野が頭で合わせるが、ここはGKに阻まれた。

それでも72分、左サイドの相馬が鎌田とのワンツーでボックス左に侵攻すると、倒されてPKを獲得。これを自ら相馬が決めて、1年7カ月ぶりのゴールでリードを4点に広げた。

その後、日本は76分にGK大迫を下げてGK谷晃生を投入。85分には南野が追加点を奪って、5-0で試合を終わらせた。日本は2次予選を全勝で突破し、9月に行われる最終予選(3次予選)を迎える。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b1d378ddbaed721f14351d45e30d9b9dcf9cf834

【【サッカー】全勝&24得点無失点!日本代表、最終予選への道を突き進む!】の続きを読む

このページのトップヘ