影山優佳、大谷翔平選手の魅力を5つのテーマでプレイバック「スポーツニュース以外の切り口で知ることができた」<ABEMAスポーツタイム> | ニコニコニュース



スポーツの熱狂を先取りする”ことを目指す新感覚のスポーツ番組「ABEMAスポーツタイム」(毎週日曜夜10:00-10:30、ABEMA SPORTSチャンネル)#12が、ABEMA SPORTSチャンネルにて10月1日に放送された。

【写真】「ABEMAスポーツタイム」スペシャルサポーターの影山優佳

本番組は、現在、ABEMAで生中継されているメジャーリーグベースボール(以下、MLB)を中心に、サッカーなどの注目スポーツの最新情報を毎週、生放送で公開している。本放送回では、番組のスペシャルサポーターの元日向坂46の影山優佳サッカーメインコメンテーターとして、元サッカー日本代表の槙野智章、野球のメインコメンテーターとして、元メジャーリーグ選手の川崎宗則が出演した。

本塁打王大谷翔平選手について

本放送回では、10月2日ア・リーグ日本人初の本塁打王となったエンゼルス大谷翔平選手について、MLB2023シーズン中における魅力をふり返った。

大谷選手の2023シーズンの活躍を「名物実況」「ファンサービス」「特大HR」「専属通訳」「カワイイ」の5つのテーマプレイバックしていく。

まずは、7月1日ダイヤモンドバックス戦で大谷選手がいちばん遠くまで飛ばしたホームランをふり返り、ライトスタンド上部にある看板に直撃した推定飛距離150メートル超えの一打を紹介した。槙野は「飛距離150メートルというのは、日本の球場だとどのくらいまで飛んでいることになる?」との疑問に、川崎は「そもそも日本の選手で150メートル先まで飛ばせる人がいない。130メートル飛ばせたら、『うわ~飛ばしたね!』と一目置かれる」と返答すると、影山は「規格外!すごすぎる」と称賛を送った。

また、大谷選手のベンチでの行動、バナナをもぐもぐ食べる姿が「カワイイ」と大反響を呼んだ。影山は「試合中に食べていいの?」と不思議そうにすると、川崎は「メジャーのベンチは、おなかがすいていたらバナナを食べたり、プロテインバーを食べたりしてもいいんです」と解説した。これを聞いた槙野が「大谷選手は日本にいる時から、試合中にベンチでバナナを食べていた?」と問いかけると、川崎は「日本にいる時は食べていない。日本のベンチはけっこうきびしいから、みんなベンチ裏でもぐもぐしてます」と明かした。これを受けて槙野は、「“もぐ谷さん”ですね」とリアクションすると、影山は「これは“反省”対象!」と槙野のひと言にツッコみ、槙野のボケにきびしく目を光らせていた。

■「人にちょっかいを出すのが大好き」

加えて、大谷選手が、試合前にチームメイトに向けて、頭の上に両手を掲げて「ミッキーマウスポーズ」であいさつした一幕をふり返り、「なぜ、大谷選手はミッキーポーズをした?」の難題に影山が苦悶の表情を浮かべると、「ミッキーポーズを送ったチームメイトと深く関係している」と助け舟がでる。影山は「わかった!」と勢いよくガッツポーズし、「この選手の名前は問題文に書いてないですよね」と名推理をくり広げた上で、「相手選手のニックネームが“ミッキー”だから」と回答すると、正解はミッキー・モニアック選手とのあいさつだから」と発表され、みごと影山は、ほぼ正解となった。

このミッキーポーズについて、モニアック選手は「急に翔平がやり出した。信じられないかもしれないが、翔平はふざけるのが大好きで楽しい人」と語っていたことを紹介すると、川崎は「実は、翔平さんは人にちょっかいを出すのが大好き。先輩や後輩はもちろん、監督にもちょっかいを出すんです」とプチ情報の披露に、影山は「良い関係性がわかりますね」と笑みを浮かべた。

さまざまな大谷選手の一面をかいま見ることができると、影山は「スポーツニュースで見ていた以外の切り口で、新しい魅力を知ることができた。特にホームランの飛距離が規格外だと知り、どれだけすごいことなのかわかったので、来シーズンは、その視点を持って見てみたいと思った」と早くも大谷選手の2024年シーズンへ期待をこめていた。

川崎宗則の“崎”は立つ「崎」


“スポーツの熱狂を先取りする”ことを目指す新感覚のスポーツ番組「ABEMAスポーツタイム」/(C)AbemaTV,Inc.


(出典 news.nicovideo.jp)